なるほど~、飲酒の認知症リスクについて思いを馳せてみました。




認知症の老人

 

認知症のメカニズムというのは医学が進歩するにしたがって徐々に明らかになってきていると思います。

例えば今回、フランスで慢性的な飲酒が認知症のリスクを高めるという研究論文が発表されました。

それは、5万件以上の早期発症型認知症について調査したもので↓↓

フランスの早期発症型認知症の5万7000件以上の症例を調査した結果、半分を優に超える数がアルコール関連、またはアルコール乱用の診断が追加されたものであることが判明した。

全体として、アルコール摂取障害は、あらゆる種類の認知症でリスクが3倍高くなることに関連付けられた。

APF BB News

とのこと。

アルコール性認知症というのは聞いたことがあるけど、今回発表された内容によるとアルコール摂取障害、つまりアルコール依存症の人は「あらゆる種類の認知症でリスクが3倍高くなる」ということらしい。

アル中から認知症って、、

考えるだけでヤバ過ぎますね(;´Д`)

かくいう僕もお酒を飲むのは嫌いではなく、どちらかというと好きなんですが、こういった記事を目にするとお酒を飲むのが少し怖くなります。

そこで今回は「お酒と認知症」をテーマに書いていこうと思います。

スポンサーリンク

アルコールと認知症の関係

上の記事によると早期発症型認知症の患者のうち、半数以上はなんらかのアルコール関連の診断を受けていたっていうことなんですけど、これが本当なら確かに認知症とアルコールには何らかの関係があるんでしょう。

今回、フランスで研究論文が発表されたということで、ニュースサイトに取り上げられた「アルコールと認知症の関係」なんですが、日本でも過去に次のような調査結果が報告されたことがありました。

施設に入所している認知症の高齢者の29%は大量飲酒が原因の認知症と考えられたという調査結果があります。

また別の調査では、過去に5年間以上のアルコール乱用または大量飲酒の経験のある高齢男性では、そのような経験のない男性と比べて認知症の危険性が4.6倍、うつ病の危険性が3.7倍と報告されています。

厚生労働省 eヘルスネット

あくまで高齢者の認知症患者についての調査のようですが、やはりそのうちの3割程度はアルコールが関係していたとのこと。

アルコールが”脳を委縮させる”ということはよく知られていて、個人的にはやっぱりこの辺が認知症と関係してくるのかな?と思ったりするんですが、かと思えば、こんなこともまことしやかに囁かれていたりします。

スポンサーリンク

少量の飲酒は認知症予防になる?

「適度なアルコールは認知症予防になる」

そうなんですよね。コレ、僕も聞いたことがあります。お酒の席かなんかで。

理由については「適量の飲酒で血行が良くなるから」とか「ストレス発散になるから」とかそんなことだったかと思うんですが、まったくのでたらめというわけではなく、過去にこのような調査があったようです。

この研究はアメリカに住む約5900人の高齢者を対象に、平均6年間追跡したものだ。

飲酒をしない人の認知症発症リスクを1としたとき、1日あたりアルコール10グラムの飲酒で認知症になるリスクは0.5程度。

つまり、まったく飲まない人の半分程度にリスクが下がっていた。

AERA

フィンランドの調査では中年の頃の飲酒を非飲酒・低頻度飲酒(月に1回未満)・高頻度飲酒(月に数回以上)に分類して高齢になってからの認知症の有無を調べたところ、低頻度飲酒と比べて軽度認知障害の危険性が非飲酒では2.2倍、高頻度飲酒では2.6倍高くなることが示されました。

厚生労働省 eヘルスネット

少量のお酒を飲む人の方が、お酒を飲まない人よりもだんぜん認知症になりにくい。

しかも、どちらの調査でも少量のお酒を飲む人は、まったく飲まない人に比べて認知症リスクは半分程度になっています。

しかし、この少量っていうのがくせもので、「1日あたりアルコール10グラムの飲酒」ということで考えた場合、ビールだと250ml、日本酒だとおよそ85mlっていうそれはもうめちゃくちゃに少量。

なので、これを根拠にしていくら「適度な飲酒は認知症にいいんだよ!」といったところで、それを言いながら飲んでるような人は確実に適量を超えてしまってることを考えると、認知症予防のためにお酒を飲むというのはちょっと難しいかもしれません。

それこそサプリでも飲むように、用法・用量をきちんと守って飲酒するんだったらいいのかもしれないですけどね。

まとめ

やっぱり認知症のリスクといった面から考えるとお酒はすっぱりやめてしまうのがベストなのかもしれません。

「断酒で委縮した脳が回復する」なんて話もあるみたいだし、とりあえず休肝日を作るつもりでしばらくお酒を断ってみるのもいいかもしれませんね。

それでは。