その節約は長続きしますか?節約術を実践する前に必ずやるべきこと、家計簿をつける理由




家計のイメージ

節約術、節約の方法などを調べて実践しても長続きしない、できないという人は少なくないと思います。

僕自身もその中の1人でしたのでよくわかります。

では、なぜ長続きしないのか?

その答えは簡単で、節約や貯蓄を無理してやってたりするからです。

いつも買っている食品・日用品のランクを落としたり、欲しいものを我慢しているだけだったりするので、そんなことでは当然長続きするわけありません。

つまり、何をやるにしても楽しみがないと楽しくないというか、逆に言えば楽しみが得られさえすれば進んでやりたくなるという事になります。

楽しみながら節約や貯蓄ができるものなのか?と疑問に感じるかもしれませんが、意外と無理なく出来ますし、継続して節約できている人たちはみんなやっていると思います。

今回は節約術、節約の心得のようなものについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

まずは収支を明確にする

1番初めにやるべきことは、収支を明確にする事です。

収入は給料やボーナスなど、支出は家賃や光熱費、食費、日用品など。

大雑把で構わないので、必ず出ていくものを考え、ジャンル分けします。

これをするだけでも普段どういうものにお金が流れているかが分かり、見直しが必要なものが見つかる場合があります。

節約をしようとした場合、初めの準備段階が最も重要となってくるので、大雑把な中でもジャンルははっきりさせておくようにしましょう。

あと、固定でかかる費用金額は把握しておくと後々スムーズです。

家賃とか、公共料金の基本料金とか、ネット回線とか、駐車場、各種月極サービスとか、毎月支払いが決まっている費用ですね。

一気に全部やる必要はないので、固定費についても把握しておくようにしましょう。

無料家計簿アプリの活用

ここからは家計簿アプリの活用になります。もちろん無料のもので構いません。

家計簿なんてどうせ続かない、面倒に感じるといった人も多いと思うのですが、今では手軽にできるものがたくさんあります。

例えばレシートを撮影して送信するだけで家計簿がつけれてしまうというようなものとか。

特にリンクを貼ってご紹介したりしませんが、無料の家計簿アプリは検索していただければたくさん出てきますから、その中で良さそうなものを選んでいただければそれでOKです。

ただし、これから家計簿を始めようとする人なんかは、あまり複雑で細かい家計簿アプリだと、ジャンル項目作成の段階から嫌気がさしてきてしまうと思いますので、本当にお小遣い帳程度のものでじゅうぶんです。

上記でご説明した通り、振り分けしたジャンル項目を大雑把に作成して登録し、後は収支があった時に数字を入力していくだけでお金の流れが見えてきます。

スポンサーリンク

数字を見る楽しさが生まれる

家計簿をつける利点は、収支の流れが把握できるということ。

つまりその数字の変動を見ていると自然と来月はここの出費を減らそうという気持ちが生まれたり、今月はこれだけ残りがあるという事も見える為、毎月の残りが楽しみになってきます。

家計簿アプリなんかだと、月の目標金額、予算の設定ができるものもあるので、繰越金(予算に対して余ったお金のことです)が毎月計上されて数字が増えていくのが楽しみになると思います。

もう、ゲーム感覚ですね。

こうなってくると自然と翌月の出費削減意欲も湧いてきますし、節約と貯蓄が楽しくできるようになりますよ。

余談ですが、家計簿など、お金の管理については簿記の知識が役立つことがあります。

>>>簿記ってなに?おいしいの?簿記検定について

まとめ

いくら節約術について調べても、日々の食事を節約レシピにしたところで長続きしないという人は、日々の生活費を切り詰めることだけを考えていて、その結果、疲れてやめてしまう場合が多いように思います。

生活費を切り詰めれば、当然、その分のお金は浮いているんですが、”その微々たる積み重ねが毎月いくらになったのか?”というのをハッキリさせないことには、絶対に長続きしません。

ゴールのないマラソンを走り続けているようなものですからね。

逆に収支を明確にして、月の余剰金が〇〇円増えたことにちょっとでも嬉しいと感じることができれば、その人はきっと節約に向いている人だと思います。

これまで節約しようとトライしては、すぐにやめてしまったという方はぜひ今回の記事を参考にして、楽しく節約するように心がけてみてくださいね。それでは。。

>>>面倒な炊事は”作り置きおかず→冷凍保存”がおすすめ

コメント