掃除が苦手な人に贈る、散らかりまくった部屋を無理なく片付けるマインド




散らかった部屋の画像

 

掃除が苦手、面倒に思うという人は結構いると思います。

また、部屋にたくさんの物が置いてあると、埃がたまりやすいですし掃除も大変ですよね。

そのため、掃除が面倒になってしまい、ますます部屋が汚くなってしまう。

この悪循環を無くすためには、こまめな片付けというものが必要になると思うんですけど、すでに乱雑に散らかっている部屋を片付けるのは容易ではありません。

そして、部屋にはまた埃が溜まっていく…。

この悪循環を断つためにはどうすればいいのか?

しかし、どんなに散らかった部屋だろうと、片付けのコツさえ抑えれば、けっして無理することなく部屋をスッキリとさせることができるのです。

スポンサーリンク

1回で片付ける範囲を狭くするメリット

「よし!部屋を片付けよう」と思い立ったとき、すでに部屋が散らかっている場合、いくらこれを片付けようとしたところでうまくいかないものです。

だって、それだと途中で疲れてしまいますし、時間だって掛かりますから。

そして、片付けることを諦めてしまう。

これではいつまでたっても部屋は片付かず、どんどん部屋は汚れていきます。

では、どうすればよいのかというと、1回で片付ける場所を小さくしていくことがコツです。

例えば、今回は机の上だけを片付けることにして、次は1番上の引き出しだけ片付ける。

こんな風に、自分の中で片付ける範囲を決めて、そこだけを片付けるようにするわけです。

これであれば疲れることはありませんし、さらに1回で片付ける時間が短くて済むので、時間的な負担を減らすことができる。

そして、時間的な負担を減らすことは、こんな効果を生むのです。

片付けの時間を短くする=隙間時間を使える

1回の片付けの時間を短くすれば、わざわざそのための時間を作る必要はありません。

ちょっとした空いた時間、スキマ時間を利用すればよいのですから。

また、全ての場所が散らかっていた時は、それに目が慣れてしまい、散らかっているのが当たり前といった感覚に陥りがちです。しかし、1か所だけでも片付けるだけで、他の散らかった場所に目が行くようになり、自然と片付けようという気持ちが起こりやすくなります。

そして、空いた時間にちょっとだけ片付けるという習慣が身についてくるはずです。

目に見えない収納を目指そう

部屋の中で、いろいろなものが見える状態になっていると、それだけで埃が溜まりやすくなり掃除も大変になってしまいます。

埃はアレルギーのもとにもなるので、しっかりと対応しておきたいですよね。

そのためにも収納は「目に見えない収納」を目指したいものです。

どういうことかというと、例えばボックスやタンスなどを利用し、物をしまう場所を決めておく、まとめておく。

こうすることで埃が溜まることは少なくなりますし、掃除をするときも物を移動する手間を省くことができます。

床に物を置かないよう気を付けるだけでも、埃は減り掃除の時間を短縮することができるはずです。

まとめ

かくいう僕も、以前は部屋の片付けが部屋でした。

理由は「部屋全体が散らかる→片付ける」というサイクルで掃除、片付けをしていたからです。

しかし、少しだけ片付けるという一見効果のなさそうな方法が功を奏し、今では部屋全体が散らかるといった状態になることはないです。

掃除が苦手で部屋が散らかっているという方は、毎日でなくても、まずは1週間に1回でも良いので部分的に片付けるようにする。

そして、少しずつ片付ける習慣をつけ、散らからない部屋を目指すようにしましょう。

コメント