破裂を防げ!!水道管の凍結防止対策についてまとめてみた




破裂した水道管
例年に比べると少し暖かい2018年の1月ですが、20日を過ぎた辺りから全国的に冷え込むことが予想されていますね。

冷え込みが激しくなると、心配なのが水道管の凍結。そして凍結からの水道管破裂です。

水道管は気温が-4度くらいで凍ります。凍ってしまって水が出ないだけでも困りものですが、破裂してしまった場合は業者を頼んで修理してもらうしかありません。。

僕は関東住まいということもあり、比較的暖かいのか、こういった経験はまだないのですが、市のホームページが注意を呼び掛けていることもありまして、他人事ではないのかな?と、今年は対策してみることを決意。

水道管凍結防止についての対策を簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

水道管の凍結防止方法

その1 水のチョロ出し

水道管の凍結防止と聞いて、経験がない僕でもすぐに思いつくのが、水のチョロ出し。

蛇口をひねって冷え込みが激しくなる夜などにチョロチョロと水を出しっぱなしにする。

水道代がもったいないような気もしますが、チョロ出ししたからといってほとんど水道代は変わらないだろうし、凍結⇒破裂のコンボで爆死することを考えれば、致し方ないのかもしれません。

その2 水道管の水抜き

北国なんかだと定番(らしい)の凍結防止策。水道管の元栓を閉めてから、蛇口を開けて水道管の中にある水を全部抜いてしまう方法です。

水道管の元栓って何?どこにあるの?と思うかもしれませんが、戸建てだと大体の場合は、水道メーターの近くにあるそうです。ぼくんちもそうだった。

集合住宅の場合は、玄関前の廊下などに設置されたパイプシャフト(PS)の中にあるみたいです。

水道管の元栓を閉める方法

その3 屋外の水道管を保温

屋外に設置された蛇口は水道管がむき出しになっているものも少なくなく、直接風が当たる影響で気温が0度くらいでも凍結してしまう場合があります。

ホームセンターに行けば保温材や、専用ヒーターなるものも売っているようですが、タオルや発泡スチロール、梱包用のプチプチなどで水道管を覆ってから、濡れないようにビニールテープで巻いて固定しておくだけでも効果はあるみたいです。

もしも水道管が凍ってしまったら

水道管が凍ってしまった場合は水道管にタオルを巻き、その上から50度程度のぬるま湯をかけてゆっくり溶かします。

間違っても熱湯をかけてはいけません。これは振りではありません。凍った水道管に熱湯をかけると十中八九、破裂します。

また、運悪く水道管が破裂してしまった場合は、水道管の元栓を閉めてから業者の到着を待つようにしましょう。水道管に入った亀裂から、溶けだした水がダダ漏れになっても仕方ありませんので。。

まとめ

水道管が破裂してしまうとその修理代は2万円前後から10万単位まで。

正直凍結防止なんてめんどくさい気持ちもありますが、高額の修理費用のことを考えると背に腹はかえらません。

後悔しないためにも、今年の冬は水道管の凍結防止に努めてみてはいかがでしょうか?

以上、水道管凍結防止についてのまとめでした。

コメント