簿記3級レッスン!売上原価の計算その2(売上原価勘定を使った方法)




前回は決算整理で行う仕入勘定を使った売上原価の計算方法をご説明しました。

簿記3級レッスン!売上原価の計算その1(仕入勘定を使った方法)
前回、前々回と決算整理についてやってきたわけですが、長かった決算整理もいよいよ大詰めといったところですかね。 今回は、仕入勘定を使った売上原価の計算についてご説明していこうと思います。 売上原価ってなに? 売上原価の計算を始めるにあたって、まず初めに売上原価とはなに...

簡単に前回のおさらいすると売上原価は、

期首商品棚卸高 + 当期仕入高 – 期末商品棚卸高

といった式で求められ、仕訳を行うさいは「しくり、くりし」で期首商品棚卸高と期末商品棚卸高をそれぞれ仕入に振り替えるんでしたね。

借方貸方
仕入
繰越商品
100
200
繰越商品
仕入
100
200

※期首商品棚卸高が¥100、期末商品棚卸高が¥200の場合

 

では、今回は仕入勘定を使わない場合、仕入勘定の代わりに売上原価勘定を使う場合について説明したいと思います。

スポンサーリンク

考え方は仕入勘定を使うときと同じ

例えば、試験で問題文に「売上原価は売上原価勘定を用いて算定する」とか一文が添えられていた場合、「しくり、くりし」を使うことはできません。

では、どうするのかというとそこは素直に「売上原価」という勘定科目を使用することになるのですが、考え方は仕入勘定を使う場合と同じです。

違うのは勘定科目だけ。

なので、仕訳はこのようになります。

借方貸方
売上原価
繰越商品
100
200
繰越商品
売上原価
100
200

 

繰越商品(期首商品棚卸高)を売上原価に振り替え、売上原価を繰越商品(期末商品棚卸高)に振り替える。

これで繰越商品の処理はOK。

ただ、これだと1点問題が出てきますよね?

当期の仕入高が残ったままです。

なので、当期の仕入高を売上原価に振り替える仕訳を行います。

例えば当期の仕入が¥300だった場合、

借方貸方
売上原価300仕入300

はい。これで完成。

仕入勘定を使う場合と比べてひと手間多いだけですね。

では、例題をやってみましょう。

例題をやってみよう

1.次の資料を基にして、当期の売上原価の金額を求めなさい。

2.売上原価を求めるにあたり、仕入勘定を使う方法と売上原価勘定を使う方法でそれぞれの仕訳を示しなさい。

Ⅰ. 当期の商品仕入高 ¥1,200,000

Ⅱ. 期首の商品棚卸高 ¥450,000

Ⅲ.期末の商品棚卸高 ¥380,000



答え1.

売上原価 ¥1,270,000

答え2.

仕入勘定を使った売上原価算定の仕訳

借方貸方
仕入
繰越商品
450,000
380,000
繰越商品
仕入
450,000
380,000

 

売上原価勘定を使った売上原価算定の仕訳

借方貸方
売上原価
売上原価
繰越商品
450,000
1,200,000
380,000
繰越商品
仕入
売上原価
450,000
1,200,000
380,000

どちらも理屈は一緒。

売上原価を仕入勘定とするか、売上原価勘定にするかの違いがあるだけです。

特に難しいことはないと思うのですが、理屈が分からずに脊髄反射で「しくり、くりし」を行っていると、いざ売上原価勘定を使わなくてはならないときに混乱してしまうかと思います。

決算整理前の試算表などに記載されている繰越商品の残高は期首商品棚卸高だということ、そしてこれがいったんからっぽになって(仕入や売上原価に振り替える)、期末商品棚卸高が翌期に繰り越される繰越商品になるという流れをちゃんと覚えておきましょう。

それでは、次回もよろしくお願いします。

コメント