「肉がまずい」なんて言わせない!焼肉好きの僕がおすすめする本当においしい”焼肉のタレ”たち




焼肉

 

みなさん焼肉はお好きでしょうか?

僕はというとやっぱり焼肉が大好きで、ステーキなんかより断然焼肉派。

ステーキなんて出されて日には「同じ肉なら焼肉の方が良かったな」「このステーキに焼肉のタレをかけて食べたいな」と思ってしまうほどです。

そんな焼肉好きの僕なのですが、最近別のブログで焼き肉の食べ放題専門店”焼肉きんぐ”が叩かれているのを目にしました。

その記事によると”焼肉きんぐ”は肉がまずいとのこと。

まぁ、焼肉きんぐは食べ放題なので、通常の焼き肉屋、食べ放題でない焼き肉屋さんに比べると、肉の質は落ちると思います。

でも、他人が”〇〇は肉がまずい”と言っているのを聞くと、焼肉好きの僕はこう思ってしまうんです。

「焼肉って肉よりもタレじゃないの?」

スポンサーリンク

僕にとっての焼肉は「肉の味<タレ」

僕だって成人男性なので、いわゆる高級焼肉店と呼ばれるところで食事したことはあります。

といっても、まぁ、叙々苑なんですけど。隠れ家的な名店とかはそういったのは知らないです。すみません<(_ _)>

で、確かに高級焼き肉店の肉レベルは相当高いと思います。値段だって高いし。

でも、やっぱり僕が思うのは「タレがうまいな」ということ。

もしかすると焼肉にとって、良いタレさえあれば、肉の味なんて取るに足らないようなことなのかもれません。

少し言い過ぎかもしれませんが(;・∀・)

でも、実際に焼肉好きな僕にとってタレのうまさというのは、肉の味を凌駕していて、人に「本当においしい肉は塩で食べるのがいいよ」とか言われても全然わからんのです。

 

あえて言おう、タレであると!!

 

上で書いた食べ放題のお店にしても、僕の感想を言わせてもらうなら、多くのお店がタレにこだわっていなかったり、タレがあまりおいしくないような気がします。

 

美味いタレさえあれば自宅焼肉だって美味い

では、自宅で焼肉をする場合、スーパーで気軽に手に入る肉を使用することになりがちです。

この場合だと、この焼肉はやっぱり”まずい焼肉”になってしまうのでしょうか?

いいえ、違います。

市販のタレであっても美味しいものであれば、それは”美味しい焼肉”以外の何物でもないのです。

そこで今回は、ここまで記事を書いてきて、自分は焼肉が好きなのか、焼肉のタレが好きなのかわからなくなってきた僕が、これまで実際に食べてみて美味しかった焼肉のタレについて、その感想を綴っていきたいと思います。

知名度でいえばエバラ食品の2択なんですが…

ええと、市販のタレで美味しいものというとみなさんは一体どのようなものを思いつくのでしょうか?

例えば日本で一番知名度の高い焼肉のタレということならば、以下の2点なのかもしれません。

エバラ食品の”焼肉のたれ”と”黄金の味”。

おそらく多くの人が慣れ親しんだ味ですし、結局はコレが最強という人もいると思います。それは否定しません。

確かに僕の実家でもよく見る焼肉のタレだったし、これはこれでありだとは思うのですが、慣れ親しんだ味であるがゆえ、どうしてもここがベースになってしまうというか、誤解を恐れずに言えば「よくある味」になってしまいがちです。

タレにこだわる以上、この2点は当然抑えつつも、より強い個性を持つタレを冷蔵庫に常備しておきたいです。

余談ですが、焼肉のたれは豚肉用、黄金の味は牛肉用です。昔、何かのテレビ番組でエバラからコメントを貰っていたような気がするのですがソースは見つけられませんでした。すみません。勘違いなのかな?でも、食べてみた感じも豚は焼肉のたれ、牛は黄金の味で間違いないと思うのですが…。

まぁ、エバラの話はいいです。

では、続きまして僕がおすすめする焼肉のタレをご紹介します。

上北農産加工 スタミナ源たれ

にんにくとりんごの生産量日本一を誇る青森で生産されているこのタレ。

味の特徴としてはかなりスパイシーで、よく市販の焼肉のタレに、にんにくを入れて食べる人がいますが、その必要はないほど、にんにくの風味を強く感じることが出来ます。

通常、焼肉のタレというのは、乾燥した野菜を使っていることが多いのですが、スタミナ源たれに使われているのは新鮮な生野菜。

そのため、にんにく風味もさることながら、同時にりんごの持つ果実の甘味・酸味も強く感じることができます。

ちなみにこのタレは辛口なので、辛いタレが苦手という人は、上記のノーマルバージョンのほかに、ソフト、甘口があるのでそちらを試してみることをお勧めします。

また、スタミナ源たれには、上位バージョンの「スタミナ源たれ ゴールド」があり、こちらはタレ作りに使用される野菜の量が多いという仕様になっています。

ゴールドの方も辛さが、甘口・中辛・辛口と3種類ありますので、辛いのが苦手であれば甘口をおすすめします。

どちらもサラサラのしょうゆベースの液体にすり下ろされた野菜がたっぷり入っていますので、使用する際はよく振ってから使用する必要があります。

スタミナ源たれは、かなり個性の強いタレなので、僕の知る限り「タレはスタミナ源じゃなくてはダメだ!」という人がいる一方で、なにか違うと思ってしまう人もいるようです。

僕個人の意見ですが、つけダレとしては良いのですが、絡め焼きとか揉み込み用として使う場合、元々の新鮮な辛みがなくなってしまう気がします。肉だけなのに野菜炒め味になってしまうというか…。

僕の中では完全につけダレなんですが、絡めてもいけるという声もあるようなので、そこは好みの問題ということなのでしょう。

創味 焼肉のたれ

最強の調味料のひとつに数えられるウェイパーの中身を作り、今では創味シャンタンとして独自に売り出している調味料界の影の帝王「創味」。

もちろん焼肉のたれも例外ではありません。下手な焼肉屋で出されるタレよりも確実にこちらの方が勝っています。

どろっとしたタレは、にんにくの効いたスパイシーな味わいでありながら、上でご紹介したスタミナ源たれほどの辛みは感じません。

市販のタレで謳われがちな「これぞお店の味」というのは、このタレ以外に考えられないほど一般的な焼肉屋のタレを再現したタレだと思います。

戸村本店 戸村の焼肉のたれ

果実の味、バナナの甘味。焼肉のタレ(南国味)。。

宮崎県産の焼肉のタレ「戸村本店の焼肉のたれ」は、もともと戸村精肉店という肉屋さんが売り出したタレらしいのですが、これがうまい!!

甘味強めの甘辛味にニンニク、しょうがなどの風味でパンチを効かせた味なんですが、それがけっしてしつこくなく、くどくなく。

”創味 焼肉のたれ”のパンチはそのままに、もうちょっと甘くした感じとでもいいますか、本当にパクパク食べ続けられる優秀なたれです。

手作り生産で数が少ないとの情報もあるようですが、なぜかネットで普通に購入することができます。

鷹取醤油 味噌だれ

鷹取醤油なのに味噌ベース!?と思うかもしれませんが、その通り。僕のおすすめは味噌だれです。

このタレは岡山県にある老舗の醤油屋さんが作った焼肉のタレで、醤油だれというのもあって、それはそれで美味しいのですが、味噌だれの場合、やっぱりホルモンでしょうか。

つけダレとしても良いのですが、ホルモンをタレで揉み込んで焼くことで、気がつくとご飯に箸が伸びてしまう無限ループに陥ります。

味噌だれ特有のねっとりしたタレなんですが、にんにくの風味と味噌の持つ風味とマイルドな甘味を感じることが出来る稀有なうまダレとなっております。

成吉思汗たれ(ベル)(ソラチ)

 

焼肉のタレと断っておきながら、僕も心苦しいのですが、焼いた肉につけるタレとしてどうしても外せないのが上記2点。

この2点については、ジンギスカンのタレとして売り出されていますが、焼肉のタレとしてもかなり優秀で、牛肉、豚肉どちらでもいけます。

どちらも醤油ベースで酸味の効いた味ですが、どちらかというとソラチの方が若干甘味が強いかなと思います。好みで分かれるところですね。

ちなみに僕んちの冷蔵庫には両方あります。要は気分によって使い分けですね。

余談ですが、肉巻きおにぎりを作る際に使用すると、いつもと違うさっぱり味のものを作ることが出来ます。

肉巻きおにぎりを作る場合は、もちろん絡め焼きです。簡単だし美味しいですよ。

まとめ

実際この記事を書き終わって焼肉が無性に食べたくなるとともに、タレの奥深さを再確認することができました。

一度個性の強い”焼肉のタレ”を使ってしまうと、もうそれじゃなきゃダメという思いも出てくるのですが、こうしてみるとそれぞれに良さがあり、それぞれがマストな気もする。

そして、肉にはやっぱりタレ。

みなさんにお気に入りのタレが見つかりますように。

それでは。。

コメント