Amazonアソシエイトのサイト追加審査に落ちた話。。別サイトでは通過したのに…




Amazonが提供するアフィリエイトサービス「Amazonアソシエイト」。本当に多くのブログ運営者がこのサービスを利用しています。

僕も、ふあログとは別のブログで、Amazonアソシエイトを利用させていただいております。

で、ぜひこのブログでも利用したいと思い、Amazonにサイト追加の申請をお願いしました。

スポンサーリンク

すでにAmazonアソシエイトに登録済みの場合は、お問い合わせフォームからサイト追加申請を。

Amazonアソシエイトは一度審査を通過した場合でも、別のサイトでサービスを利用する際は、お問い合わせフォームからサイト追加の申請を行う必要があります。

アマゾン問い合わせフォーム

上記のように、問い合わせフォームの中にある件名に「アカウント情報の変更、登録URLの追加など」を選択。下の方にあるコメント欄にURLを記入して送信。

すると担当の方が、申請のあったサイトを確認、審査して、その後、プログラム参加の可否を知らせてくれます。

今回、僕は夕方6時くらいに送信して、翌日の午前中にはメールの返信が来てました。さすがアマゾンさん、仕事が早いですな。。

結果、見事にお断りされてしまいました。。

崩れ落ちる人

メールにはこのように書いてありました。

当プログラムでの審査基準に合致しなかったため、このほどご連絡いただいたURLの追加を承認いたしかねますことをご了承くださいますようお願い申し上げます。

なんでや…_| ̄|○

まだ、ブログが出来立てほやほやっていうのもあるけど、伝え聞いた内容によると、Amazonアソシエイトの審査も以前に比べて厳しくなったという。

う~ん。困った。じゃあどうしよう。おとなしく記事数を増やして、ドメインパワーが上がるまで待つか。

Googleが運営するアドセンスなんかもそうなんですが、お断りを食らった際に、その理由が明記してあるとこちらも対応しやすいんですが、この手もサービスって基本的にその辺がブラックボックスになってます。

「大丈夫だろ」と思っていたサイトが審査に落ちたり、「どうせダメだろ」と思ってたサイトが通過したりして理由がよくわからない。

申請した時期だとか、担当者によるのかなぁ。

で、どうしても待ちきれない僕は別のアフィリエイトプログラムを試してみることにしました。

そんな僕が選んだのはAmazonアソシエイトとは別のASPだった。

 

自分のサイトでAmazonの商品を紹介するためには、別に本家アマゾンの運営するAmazonアソシエイトを利用しなければいけないわけではなく、A8.netやバリューコマースなど、他のASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)を利用するといった方法があります。

そう、アマゾン様がダメダメな僕を認めてくれないのであれば、別のASPに認めてもらおうというわけです。そこで僕が選んだのが「もしもアフィリエイト」でした。

続く。。

今回の記事の続きはこちら

Amazonアソシエイトの審査に落ちた僕が「もしもアフィリエイト」でAmazonに提携申請→審査を通過した話
Amazonアソシエイトの審査に落ちながらも、どうしても諦めがつかない僕は「もしもアフィリエイト」に登録してみることにしました。 で、実際にAmazonとの提携申請したところ無事に通過。今日はそのことについてお話ししようかと思います。 前回の記事はこちら↓...

コメント