アドセンスの関連コンテンツが解放したので条件や導入方法について説明します




ボードで関連コンテンツユニットを紹介する女子

弱小ブログでありながら、先日になってようやくGoogleが提供するアドセンス関連コンテンツユニットが解放されました。

それもすべて当ブログをお読みいただいたみなさまのおかげだと思っております<(_ _)>

そこで今回は、これからブログを初めようという方、かつ、ブログを始めた暁にはアドセンス広告→関連コンテンツユニットを貼ってみたいという方に向けて簡単ではありますが、僕なりにご説明したいと思います。

スポンサーリンク

そもそも関連コンテンツユニットって?

上級者の方はもちろん、未だブログを始めたばかりといった方もアドセンス広告について知ってる方はたくさんいらっしゃると思います。

そう、画像だったりテキストだったり、ブログのみならずWebサイトを開いたときに、大方表示されているあの広告です。

では、関連コンテンツユニットとはなんなのか?

関連コンテンツユニットというのは、よく記事の下の方なんかにある『関連する記事』、『こちらの記事もおすすめです』みたいな記事内リンク、あれのGoogleバージョンとでも言いましょうか。

隅っこの方に『Powered by Google』って書いてあるアレです。

で、何がそんなにすごいのかといいますとこの関連コンテンツユニット、Google先生のアドセンスヘルプによればこんな効果があるんだそう。。

ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるので、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、広告収益の増加が見込めます。

~中略~

テストの結果によると、平均的なおすすめの関連コンテンツでページビュー数が 9%、滞在時間が 10% 向上します。

関連コンテンツ機能について

ユーザーのリピート率と、広告収益が増加し、PVが9%、滞在時間が10%向上する。

これが事実だとするのであれば、関連コンテンツユニットは、読む側にとっても、書く側にとってもいいこと尽くめ。

アドセンスを利用するのであれば、ぜひ導入したい一品になっているんですね。

だったらごちゃごちゃ言ってないでさっさと導入すればいいじゃん

まぁ、それはそうなんですがこの関連コンテンツユニット、アドセンスの審査に通ったからといって「早速使ってみよう!」というわけにはいきません。

それはなぜか?

では、関連コンテンツユニット解放の条件について確認してみましょう。

関連コンテンツユニットを利用するための条件とは?

Google先生によれば、関連コンテンツを導入するために次のような取り決めがあるようです。

ご利用になるには、サイトのトラフィック量とページ数が最低要件を満たしている必要があります。

この要件は、関連コンテンツによってサイトのユーザーに確実に優れたエクスペリエンスをお届けするために設けられています

関連コンテンツ機能について

なるほど。。

ユーザーを気持ちよくさせるためには、最低限ユーザーに読まれ、それなりにページ数がないとダメってことらしい。

で、その最低限っていうのはどのくらいなのか?

ここが1番気になるところだと思うんですが、ここについては詳しく明言されていないんですよね。

わかんないって、それじゃダメじゃん!困っちゃうよぉ!

はい。困ります。

参考までに、当ブログで関連コンテンツが解放された際のPVとページ数は大体こんな感じでした。

・1日当たりのPV 300前後
・ページ数 70前後

ちなみに運営機関は4か月ちょいくらいで、一時期、特定の記事がSNSで拡散されてもっとPV数があったこともあったんですが、その時は音沙汰なし(゚ω゚)チーン

また、今回、関連コンテンツユニットが解放される間近の時期については、ちょうど更新を怠っていたんですけど、なぜか解放されました。

なので、その辺から推測するに1日当たりのPV数が200~400くらい安定してあるようであれば、そして、数か月間の運営期間とそれなりのページ数があれば、といったところなのかもしれません。

あくまで推測ですが。。

早速、関連コンテンツを使ってみる~実装方法について~

で、ついに関連コンテンツユニットのロックが解除されたようなので使ってみることに。

使い方はというと、アドセンスにログインしたあと新規に広告ユニットを作成する手順(広告の設定→広告ユニット→新しい広告ユニット)で広告の種類を選択するページへアクセス。

すると、今まではなかった『関連コンテンツ』が出てきているので選択。

あとは表示されたコードを貼り付けすればOKです。

とりあえず僕の場合は記事下にあるSNSボタンの下に貼り付けておきました。

ちゃんと表示されているのを確認して終了!

と、言いたいところですが、コレ、一つ困ったことがありました。

関連コンテンツが”AMPページ”で反映されない!

当ブログはWordpressの無料テーマ『Cocoon』を利用して運営しています。

無料WordPressテーマ「Cocoon(コクーン)」を公開しました
SEO・高速化・モバイルフレンドリーに最適化した無料テーマCocoonの紹介記事。

テーマを無料配布されている作者のわいひらさんには感謝しかないのですが、それはひとまず置いておきまして、この『Cocoon』、素晴らしいところはたくさんありまして、その中の一つにAMPページを簡単に作成できるというものがあります。

なので、当然、当ブログもAMPに対応してるんですが、このAMPページに関連コンテンツユニットがでない…。

なんでや。。

どうやらAMPページに関連コンテンツユニットを表示させるには、AMPに対応したアドセンスコードを貼り付けなくてはいけなかったらしく、困惑しながらも下記サイトを参考にさせていただきながら設定完了。

AMP用のアドセンス関連コンテンツユニットの作成とCocoonに実装する方法
先日他のブログをAMP化しました。 AMPに対応したことによりページの読み込み速度が速くなり、画像つきで自分の記事がGoogleの検索結果に表示されたり、AMPに対応したメリットを感じます。 けれど代わりにアドセンス収益 …

サンプルコードが載っていたのでそのまま使わせていただきました<(_ _)>

まとめ

当ブログでもようやく解放された関連コンテンツユニット。

導入についても、とても簡単、楽ちんに行うことができました。

ささやかながらバージョンアップ?した関連コンテンツ付きの当ブログを今後とも生暖かい目で見守っていただければ幸いです。

それでは<(_ _)>

コメント