モンテ・クリスト伯 4話ネタバレあらすじと感想 ~若い男で神楽妻を1本釣りするモンテさんは元漁師~




入間公平(高橋克典)と神楽の妻・留美(稲森いずみ)の間の隠し子騒動。

そして、柴門暖(ディーン・フジオカ)ことモンテさんと、南条(大倉忠義)のマネージャー・江田愛梨(桜井ユキ)がデキていたことも発覚し、これから復讐がじわじわ始まっていくといったところで終わった前回。

ドラマ「モンテ・クリスト伯」第3話のあらすじと感想 ~神楽の浮気妻をいびれ!モンテさんの復讐その1~
ドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」。いよいよ第3話です。 前回、第2話では、幽閉されていた牢獄からの脱獄を成功させ、同じく投獄されていたラデル共和国の元大統領、ファリア・真海の多額の遺産を相続し、帰ってきた柴門暖(ディーン・フジオカ)。 いよいよ復讐...

いよいよモンテさんの復讐が本格化していきそうな予感がするドラマ「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」第4話。

それではネタバレストーリー、あらすじと感想です。

スポンサーリンク

モンテと若者の誘いについていく元ホステスの不倫妻

とある地鎮祭に妻・留美と共に出席し、政治家への口利きに忙しい神楽清(新井浩文)。

ちなみに留美はもともと銀座のホステスだったそうです。

今ではすっかり警察のお偉いさんで、エリート警察官だった入間と不倫関係にあったのもそういったつながりがあったのかもしれません。

そんなこんなで神楽は留美を残して、車に乗って仕事に行ってしまったのですが、残された留美の携帯に入間から着信が入ります。

内容はというとやっぱりあの男の話。

自分たちの隠し子を生き埋めにした別荘を手に入れた怪しい金持ち、モンテ・クリスト・真海。

入間は、かつての愛人で、どこか頭の悪そうな神楽の妻・留美に「あの男に近づくな」と忠告をいれましたが、その時にはすでに遅し。

モンテさんは電話中の留美の背後から近づくと、おもむろに安堂完治(葉山奨之)という青年実業家を紹介するのでした。

そして、挨拶をすませると留美に向かって、

「お綺麗な方ですね♡」

「モデルさんかと思いました♡♡」

と歯の浮くセリフを連発する安堂。

夫に隠れて若い男と関係を持つことを趣味にするスケベ妻、留美にとって、自分の子ほども離れた若い男にもてはやされて、さぞ嬉しかったのでしょう。

モンテさんと安堂にランチミーティングに誘われた留美は、入間が「近づくな」と言った直後であるにも関わらずモンテ邸へと足を運ぶのでした。

見事、若い男をエサにして不倫大好きな神楽妻を一本釣りすることができました。

スポンサーリンク

火がつくスケベ心…。安堂にどうしても出資したい留美

ランチミーティングでモンテさんは、安堂のブランド立ち上げのための出資を早々に決め、書類にサインを終えます。

初めは浮かない顔をしていた留美でしたが、実直そうで、モンテさんも認める才能があり、何より若い男、安堂を気に入ったようで、会話するうちに自然と笑みがこぼれてきてしまう。

その後、モンテ邸をあとにした留美と安堂は2人仲良く徒歩で帰り、「僕、親がいなくて施設で育ったんですよ」という安堂の自分語りを聞いた留美は、安堂に出資できるかどうかを夫・神楽に相談すると明言。

スケベ心に火が付いたのか「安堂さんの夢が叶ったらうれしいから♪」と、出会ったばかりの男にわけのわからないことを言うのでした。

スポンサーリンク

一方そのころ、モンテ邸では…。

実績のない安堂に出資したことについて、心配そうな表情を浮かべる秘書の土屋。

土屋に理由を問われたモンテさんは落ち着いた表情で「彼は私のために生まれてきた人間だ…」と答えるのでした。

娘を結婚させたい父・入間と、結婚したくない娘・未蘭

「金づるを見つけたんで(悪)」などと嘯き、ガラの悪そうな男に今月分の借金を返す安堂。

土屋さんが心配していた通り、モンテさんは騙されていたのかもしれません。

そんな頃、入間宅では入間が娘の未蘭(岸井ゆきの)の結婚話を切り出していました。

自分の娘をどうしても外務省のエリート官僚である出口と結婚させたい入間。

入間は未蘭が結婚に前向きでないことを知りながらも、父・貞吉(伊武雅刀)の部屋へ向かい、今では寝たきり、話すこともできなくなった貞吉へ未蘭の縁談について報告します。

入間の報告を聞く貞吉の様子をみていた未蘭は「おじいちゃんは、結婚に反対している!」と主張しますが、入間は「そんなわけないだろ」と一蹴。

報告を終えると入間は足早に貞吉の部屋を後にしたのでした。

マネージャーはモンテの刺客、バンパについて考える南条

南条幸雄(大倉忠義(関ジャニ∞))のマネージャーでありながら、その実態はモンテさんの影の刺客である江田。

江田は南条に五蓉不動産から、南条の妻・すみれ(山本美月)とともに夫婦でのCM撮影の依頼が来ていることを告げます。

「お二人のイメージアップにもなりますよ♪」と言う江田のすすめもあり、依頼を前向きに検討するという南条。

しかし、ここで南条にはひとつ心配事がありましたね。

そう、前回のラストで江田が南条宅に送り付けた「人殺し」と書かれたファックス。

実はこのファックス、中国語で書かれておりまして、南条はそのファックスのことが気になって仕方がないわけです。

というのも、南条は、実際のディーンフジオカがそうであったように逆輸入俳優。

香港で活躍し、その後、日本にやってきてスターになった俳優という設定なんです。

そこで南条は、江田に向かっておもむろにこんなことを聞きました。

「香港に住んでた時、バンパって聞いたことあった?」

そんな南条の問いかけに江田は「バンパ?なんですかそれ?」みたいなリアクションでさっさとどこかに行ってしまうのでした。

果たして江田は香港時代の南条について何を知っているのか?

マネージャーでありながら南条に対する何か憎悪のようなものを感じますね。

気になります。

かぐにぃブチ切れ!ケンカするクズ共

国有地を手に入れるため奔走する神楽エステート社長・神楽清。

しかし、お目当ての国有地はライバル会社である五蓉不動産の手に渡ろうとしていました。

決め手となったのは五蓉不動産がこの度、自社のCMで起用する予定となっている俳優・南条幸男。

外務大臣の妻が南条のファンであるということもあり、すでに会食の用意までされているというではありませんか!

国有地を手に入れることができなければ銀行の融資にも影響する…。

そんなことから必死になった神楽は、撮影現場にいる南条を訪ねると、五蓉不動産のCMを断るように直談判するのでした。

「ムリです(きっぱり)」

「仕事は関係ないっすよね ( ・`ω・´)キリッ」

いくら頭を下げて頼んだところで、あっさりと断りを入れてくる南条に、ついに堪忍袋の緒が切れた神楽は奥の手を切り出します。

神「大スターが親友を牢獄に送り込んで殺したって知ったらみんなどう思うかなぁ…」

神「お前が警察にガセネタ吹き込んだって話だよぉ!(怒)」

脅しにかかる神楽に対し、南条もすかさず反撃します。

「計画したのはあなたでしょ!」

こうしてクズ同士の言い争いは平行線を辿り、神楽は南条の説得を諦め、撮影現場を後にしたのでした。

安堂への出資を拒否る神楽、モンテさんに南条の弱みを聞く

安堂に対する出資の件で、モンテ邸に呼び出された神楽。

神楽が到着するや否や、妻の留美が安堂の事業計画について確認するように頼みますが、あいにくそれどころではない神楽は速攻で出資を拒否。

食い下がる留美の言葉を「だからムリだつってんじゃん」の一言で遮ります。

そんな神楽の様子を見ていたモンテさんは、神楽をバルコニーに連れ出すと、神楽が五蓉不動産と南条幸男の件で悩んでいることを言い当てます。

すべてモンテさんの差し金に決まってるので当然ですよね。

そして、「さすが投資家さん、情報が早い…」とびびる神楽にモンテさんは、南条幸男が香港にいたときある組織とつながっていたという話をそれとなく伝えるのでした。

神楽妻、初めての仮想通貨で爆死する

安堂への出資の話が流れてしまったことを謝罪する留美。

しかし、そのころ留美の頭の中は安堂のことでいっぱいになっていました。

どのくらいいっぱいかというと、いつものように夫の目を盗み、マンションの一室で若い男たちと関係を持っている間でさえ、安堂のことを考えちゃうくらい。

おばさん本気になっちゃったわ♡状態なわけです。

そうして、ことを終え、着替えていると、相手の若者たちがなにやら盛り上がっていることに気が付く留美。

若者曰く、なんでも近年流行りの仮想通貨、中でも「ベルコイン」なるものがヤバいらしい。

「1晩で5倍いっちゃうこともあるんで♪」という口車に乗せられた留美は、さっそく自分もベルコインの購入の仕方を教わり購入します。

そうして、留美にベルコインについて教えると、部屋を後にし、マンションの外で待っていた江田から報酬を受け取る若者たち。

そんなことは知らず目を輝かせてベルコインの値動きを追う色ボケおばさん・留美。

当然、モンテ邸では、モンテさんが秘書の土屋に自分が保有するベルコインを段階的にすべて売るように指示していました。

「徹底的に売り浴びせろ…」

翌朝、神楽を見送った留美は、暴落を続けるベルコインに驚愕し、へなへなと腰を抜かしてしまうのでした。

スポンサーリンク

いい感じの2人♡守尾信一郎、入間の娘・未蘭と出会う

大学で海洋生物学の研究をしている入間の娘・未蘭は、ある日、ダボハゼのオスを探すため富永水産へとやってきました。

望まぬ縁談の話が進められていることから、今後は飼っているダボハゼ(メス)の飼育も難しくなると考えた未蘭は、ダボハゼのために素敵な恋人を探してあげようとしていたのです。

そして、かつては守尾漁業の社長でありながら、今では富永水産で一社員として働く守尾信一郎(高杉真宙)。

信一郎は、転倒して服を汚してしまった未蘭のため、着ていたパーカーを貸してあげました。

そして、何か話し終えるたびに「引きましたよね…」といちいち確認してくる若干うざいタイプの魚女子・未蘭に対し、魚に対する情熱を感じ取り、未蘭のためにダボハゼのオスを釣ってきて生きたまま市場に出すと約束します。

しかし、去り際に結婚のことを考えると涙がこぼれてしまう未蘭。

そんな未蘭を元気づけるため、信一郎は「そのパーカーを着てたらきっと奇跡が起こりますよ!」と励ましました。

なんだかいいかんじのこの2人。

どこかの神楽夫妻とはえらい違いです。

入間の娘と信一郎がくっつくのは、モンテさんにしたらちょっとやりづらいかもしれないですね。

貞吉の逆襲、孫が好きでたまらない祖父

帰宅するなり貞吉の部屋へとやってきた未蘭。

しかし、そこには貞吉のほかに貞吉がやとった弁護士の姿がありました。

貞吉の遺言書に変更があることを伝え、この場に家族をそろえてほしいという弁護士。

未蘭が父・入間と母・瑛理奈(山口紗弥加)を連れ、部屋に入ると弁護士は、遺言書の内容をこう読み上げた。

「入間未蘭が出口文也と結婚した場合、遺産は全て世界文化振興財団に寄付する」

突然の発表に「でっちあげだ!」とうろたえる入間に、貞吉の弁護士は視線を感じ取り文字入力が可能な特殊端末があることを告げます。

そして、貞吉が端末に表示された文字盤を見つめると、次々に文字が入力されていく。

「私の遺産か未蘭の結婚かどちらかを選べ公平!」

そして、入間は何も言わず部屋を後にし、未蘭は貞吉に抱き着くとお礼を言い、着ていた信一郎のパーカーを貞吉に見せながら「奇跡のパーカーなんだよ」と無邪気に笑うのでした。

嫁もクズなら夫もクズ、留美のスケベ顔が泣き顔にかわるとき

留美に呼び出され、しぶしぶ待ち合わせ場所へ向かう入間。

留美は入間がやってくると、速攻で金を無心を始めます。

「あなたしか頼る人がいないの…」

「おねがいします…、おねがいします…」

最高にうざい女・留美。

秘密を共有しているとはいえ(不倫して生まれた子どもを埋めたこと)、入間にしてみれば、もう完全にお荷物、疫病神のような存在になりつつある留美。

入間に金を借りることに成功した留美が自宅に戻ると、夫の神楽が留美の帰りを待っていました。

留美に呆れたように問いただす神楽。

「お前さ、家の口座から1千万円出金したろ?出金先は仮想通貨の取引所…」

内心焦りながらも「すぐに戻すね」と明るく返す留美でしたが、神楽は留美が入間から金を借りたことも、留美と入間が過去につきあっていたことも知っていました。

なんなら留美がマンションの一室で若者たちと関係を持っているのも知っていました。

どうして留美がこっそり始めたお遊びについて神楽が知っていたのか?

そう、それは、留美が相手にする若者の手配については神楽が自らの秘書・牛島に言ってやらせていたことだったのです!

「お前にとって俺なんてどうでもよかったかもしれないけど、俺にとってもお前なんかどうでもよかったんだよ!」

そもそも、政治家の紹介で留美と結婚することになった神楽には初めから留美に対する愛情なんてなかった。

語気を荒げる神楽に「私はちがうわ!」と食い下がる留美でしたが、グラスを投げつけられ呆然。

「お前が元愛人から貢いでもらった金だから好きに使いなよ♪」

留美が入間に借りた金を床に這いつくばる留美の前に叩きつけた神楽は、次の瞬間、

「2度と俺の金に手を出すんじゃねえぞ!」

激高する神楽にビクっとなった留美は涙を流しながら、入間に借りた金を手に自宅を飛び出して行ったのでした。

留美のスケベ顔が泣き顔に代わった瞬間でした。

スポンサーリンク

安堂をゲットする神楽妻、安堂は金をゲットする

留美が家を飛び出した後、神楽は秘書の牛島を呼び、南条の過去を探らせるために香港へ向かうように指示を出しました。

そして、飛び出した留美はというと、入間から借りた金を持ち安堂のもとへ。

「留美さん泣いてたじゃないですか、このお金、無理したんじゃないですか?」と留美の差し出す金を受け取ることを渋る安堂。

しかし、夫にもボロカスに言われ、入間からもうざがられている留美はもう止まりません。

「無理したいの…安藤くんのために…」

こうして本気モードになってしまったおばさんは、念願だった安堂くんと関係を持ち、安堂くんも金を手に入れることができました。

めでたしめでたし。

続きます。

スポンサーリンク

一方その頃、モンテ邸では…

「無事に安堂完治と神楽留美がつながりました」

夜もふけたころ、モンテ邸では1日の仕事を終えた女スパイの江田がモンテさんに本日の収穫について報告していました。

「思いのほか早かったな」

そう、例によって今週もすべてモンテさんは知っていたのです。

かつて警察幹部だった入間と留美が不倫の末に子どもを産んだこと、そして、その後、入間には本妻との間に子が生まれ、留美は大物政治家の口利きにより神楽と結婚した。

そこで、モンテさんは不思議なことを言い出します。

「もしも死んだはずの我が子と再会出来たら、その女はどう思うだろうな…」

そう、モンテさんは安堂と留美のDNAを事前に調べていたというのです!!

モンテさんの話をここまで聞いてさすがにびびった表情を浮かべる女スパイ・江田。

「神楽留美と安堂完治は間違いなく親子だ。2人はいずれいびつな関係に気づくことになる。もちろん父親もな…」

第4話完。

スポンサーリンク

まとめ

目には目をゲスにはゲスを!

今回の復讐は前回の比じゃないですね。

登場人物たちの中でも比較的頭が弱そうな神楽のスケベ妻こと神楽留美を狙ったモンテさん。

やりやすいところからやっていくみたいな感じなんでしょうか?

まぁ、言っても一番憎いのは南条、神楽、入間の3人であって、3人の大事なものをすべて壊したいモンテさんにしてみれば、留美のことなんてまだまだ序の口。

ほんのおまけみたいなものです。

そんなことより、今回の収穫として一番大きかったのは、南条とバンパのつながりについて神楽に調べさせることに成功したということかもしれませんね。

「人殺し」ってことなんですが、香港時代の南条にいったい何があったのか?

次回以降気になるところです。

第5話では、モンテさんの元・婚約者であり、現・南条嫁のすみれとの関係に進展があるようですね。

予告をみる限り、軽くツッコまれちゃってるモンテさん。バレちゃったのかな?

あと、ついに殺人があるらしいですね!これは見なくちゃ♪

かぐにぃこと新井さんも言いたくなっちゃうモンテクリスト伯の第5話。楽しみです。

ドラマ「モンテ・クリスト伯」の記事一覧↓
モンテ・クリスト伯 第1話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第2話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第3話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第4話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第5話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第6話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第7話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第8話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 最終回のあらすじと感想

相関図で分かる!ドラマ「モンテクリスト伯」を折り返し地点までざっくり解説
ディーン・フジオカ主演の復讐ドラマ「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」。 僕なんかはとても面白く見ていて、にやにやキリリ!なモンテ・クリスト・真海が、次回はどんな手口で憎い輩どもを陥れていくのか、毎週楽しみにしているのですが、視聴率はというとそれほど振るわず。。...

コメント