モンテ・クリスト伯 7話ネタバレあらすじと感想 ~南条幸男が死ぬ話です~




神楽の妻・留美(稲森いずみ)と入間公平(高橋克典)の間に生まれ、生後間もなく生き埋めにされた息子・安堂完治(葉山奨之)。

モンテさんのしかけた罠により、もっとすっちゃかめっちゃかになるかと思いきや、意外や意外、留美は安堂が生きていたことを素直に喜び夫・神楽清(新井浩文)から金をゆすり取るようになった。

あと、モンテさんらの輩な先輩・寺角(渋川清彦)が死んだ。

といったところで終わった前回モンテクリスト伯第6話。

7回目の放送となる今回では、モンテさんの過去の親友であり、モンテさんをハメた張本人の1人でもある南条幸男(大倉忠義(関ジャニ∞))についにモンテさんの鉄槌が振り下ろされることになりそうです。

前回のラストでヴァンパに家を襲撃された南条ですが、一体このあと南条はどうなっちゃうのか?

それではモンテ・クリスト伯 華麗なる復讐、第7話のネタバレと感想です。

スポンサーリンク

南条を脅すダニーさんと息子を甘やかすサイコパスな母

香港のマフィアであるヴァンパに裏切り者との疑惑を持たれ、ヴァンパのメンバーであるダニー・ウォンらに自宅を襲撃された南条。

さっそく南条の妻・すみれ(山本美月)と娘・明日香を人質に取ったダニーはビビりまくる南条にこう告げます。

「日本語を話す人物がエデルヴァを買った。お前、誰かに狙われてるだろ?」

エデルヴァというのはかつて南条が付き人をしていた香港の俳優、ショーン・リーの娘の名前だそうで、ヴァンパはショーン殺害のあと、エデルヴァをどこかへ売っぱらっちゃったらしいのですが、それをここ数年になって再度買ったものがいるというのです。

さすがはヴァンパ、情報網もハンパじゃありません。

「始末はこっちでつけてやるから、自分で見つけてこい」

午後3時までにその”誰か”を見つけ出すことができなければ、すみれと明日香は魚のエサになると脅された南条は、今日の予定をすべてキャンセルすると自分を付け狙う誰かを探しに向かうのでした。

その頃、その誰かさんであるモンテさんは神楽のオフィスにやってきていました。

モンテさんは、神楽に安堂が詐欺師であること、留美が安堂を詐欺師と知りながら助けようとしていることを告げると、安堂を紹介してしまった謝罪の意味を込め、南条についての情報を教えてあげることにしました。

近く、事件の真相を知るものが香港の捜査当局の事情聴取を受けることになること、これによって神楽が欲しがってる国有地も手に入ることを神楽に告げたモンテさん。

神楽はこの出来すぎた話に疑問を覚え「これがあなたの考えたシナリオですか?」と突っかかるのですが、モンテさんは全く意に介さない様子で「すべてが因果応報です」と不敵にほほ笑むのでした。

スポンサーリンク

「772万円、ありますよね」

留美は神楽からちょろまかした金で、安堂の借金残額をすべて返済します。

寺角を殺してしまったことにビビりまくる安堂をなだめ「おいしいものでも食べにいきましょ!」と明るく食事に誘うサイコパスな母・留美。

モンテさんの匿名の通報により、警察がすでに動き出していることも知らずに…。

未蘭と信一郎の恋の行方と不敵に笑う殺人鬼・瑛理奈

前回、勢い余って入間未蘭(岸井ゆきの)に告ってしまった守尾信一郎(高杉真宙)は、入間家を訪れると「迷惑でしたか?」「やっぱり俺じゃダメすっよね」とゴリゴリの返事待ち。

しかし、未蘭は過去に守尾漁業で起こったテロリスト事件のことが気になり、信一郎に当時、事件の捜査をしていたのが父・入間公平であったことを伝えます。

こういった経緯もあって公平も未蘭と信一郎にはあんまり仲良くなってほしくないんですね。

信一郎との交際に踏み切ることができない未蘭に信一郎は「事件のことは忘れられないけど、それに振り回されちゃいけない」とかっこよく決めたのでした。

過去に起こった不幸な事件が災いし、けっして相いれることができない2人。

ロミオとジュリエットみたいですね。

スポンサーリンク

しかし、この入間家、そんなロミオとジュリエットを鼻で笑う人物がいました。

そう、第5話でモンテさんの手により目覚めた悪魔こと入間公平の妻であり未蘭の継母・瑛理奈(山口紗弥加)です。

瑛理奈の本性に疑いを持つ入間貞吉(伊武雅刀)は、メイドさんに命じて、キッチンで瑛理奈が使ったと思われる毒物を探させるのですが、これに気が付いた瑛理奈は、ソッコーでメイドさんに暇をだすと貞吉の部屋へ。

貞吉と2人きりになった瑛理奈は、入間の前妻と未蘭の婚約者・出口さんを自分が殺したことを貞吉に告げると、信一郎にお熱な未蘭をバカだと一蹴。

いずれ未蘭にも毒で死んでもらい、その後は貞吉にすべての罪を着せて殺すことを白状します。

そして、貞吉の莫大な遺産を手にした後は、公平と息子・瑛人とともに3人で幸せに暮らすと悪い笑みを浮かべる瑛理奈。

瑛理奈は計画のすべてを貞吉に告げると満足したように「さぁ、お義父さん、おむつ替えましょ?」と笑うのでした。

そういえば、貞吉は目の動きで特殊なパッドみたいのに字を打てた(遺言状書き換えの時)と思うんですが、いいんですかね?殺人計画みたいなこと言っちゃって。

まぁいいや。。

神楽に焚きつけられた南条、モンテを追う

一方、3時までに自分を狙う誰かを見つけなければ、すみれも明日香も殺されてしまう南条は神楽のオフィスへとやってきます。

神楽の姿を目にするや、胸倉をつかみ喚きたてる南条。

神楽は、そんな南条の様子を見て「どこかのマフィアみたいだなw」と煽るのですが、ここでピンときたのか、南条を狙ってるのはモンテさんだと伝えます。

モンテさん警察の捜査資料を持ってたこととかも全部。

話を聞き、モンテ邸へと向かう南条の姿を見た神楽は、秘書の牛島に「あいつ、あの様子だともしかしたら殺すかもな?」と告げ、不審がる牛島に「真海は俺のことも潰しに来るはず。元漁師の勘ってやつよ」とかっこよく決めたのでした。

モンテ邸へ到着した南条は、さっそくモンテさんを問い詰めます。

「俺になんの恨みがあるんだよぅ!(怒)」

激高する南条に「私はあなたの友人ですよ?」とほくそ笑むモンテさん。

リビングの時計の前には翡翠の置物が置かれてありました。

というか、南条が来る前にモンテさんがわざわざ置いたんですけどね。

そして、その時、モンテ邸に鳴り響く時刻を告げる鐘の音が2回。

モンテさんが目を伏せ「2時か…」とつぶやくと、南条は何も言わずダッシュでモンテ邸をさり自宅を目指すのでした。

なんとか3時前に自宅へ戻ってきた南条は、ダニーに自分を狙っているのはモンテ・クリスト・真海だと告げます。

「間違いないんだろうな?」と当然のように念を押される南条ですが、南条はモンテさんが自分を狙う誰かであると確信していました。

そう、時計の前に置かれた翡翠の置物。

南条の報告を受け、南条家をあとにするダニーはじめヴァンパのみなさん。

南条はすみれに今回の件をちゃんと説明するように詰められ(まぁ当然ですね)、重い口を開くのでした。

南条の過去、香港で一体何があったのか?

香港で南条がまだまだ無名だったころ。

金も仕事もない南条を香港のスター俳優、ショーン・リーは家族のように可愛がってくれました。

しかし、この南条という男、かつての親友・柴門暖を売ったことからもわかるのですが、仲のいい相手を売ることにかけては超一流。

ヴァンパに借金をしていた南条は、金が返せなくなるとさっそくショーンさんを売りますw

ショーン宅には、高価な翡翠の置物(モンテ邸にあったやつです)があることを知っていた南条は、ヴァンパの連中を手引きしてショーン宅を訪れました。

「ユキオの言う通り、億の値はつきそうだね♪」

翡翠の置物を手に取り大喜びのヴァンパたち。

しかし、その時、予定より早くショーンさんが返ってきたものだから大変です。

ヴァンパはあっさりショーンさん、ショーンの嫁を殺害。

その場を目撃していたショーンの娘・エデルヴァちゃんもあっさりヴァンパに捕まり「この娘は高値がつくぞ♪」と大喜びのヴァンパたち。

「ユキオー、ユキオー」と叫び続けるエデルヴァちゃんの声を聞きながら、南条はその場に立ち尽くすことしかできませんでした。

スポンサーリンク

南条の衝撃の告白を聞き、うつむくすみれ。

南条は、すみれと明日香の身の安全を守るためにも「もう自分とは別れたほうがいい」と切り出すのですが、すみれから返ってきた言葉は意外なものでした。

「今度は私が幸男を助ける番だよ…。幸男が言ったこと、私も抱えて生きていく…」

そして、そっと抱き合う2人。

明日は2人が受賞するベストパートナー賞の授賞式が開かれる予定です。

モンテ・クリスト伯 完

スポンサーリンク

 

いや、そうではなくて。一方その頃モンテ邸では。

明日、南条夫妻のベストパートナー賞の授賞式が開かれることを知ったモンテさんは、愛梨(桜井ユキ)に命じ、祝電を送るよう手配します。

爆弾でも送るんでしょうか?楽しみですね。

悪いのは私だよ、暖…。すみれは知っていた

南条夫妻のベストパートナー授賞式の日、モンテ邸をアポなしで訪れたすみれ。

突然の来客に、お引き取り願うモンテさんですが、すみれはついに触れてはいけない真実にその手をかけます。

「悪いのはあなたのことを待っていることができなかった私だよ。暖…」

暖が居なくなってからというもの、暖の帰りを待ち続けていたというすみれ。

それまですみれが面倒をみていた暖の足が悪い母親は、すみれがテロリストの婚約者として扱われることに耐え兼ね、すみれと距離を置いたといいます。

しかし、その後、餓死のような状態で孤独死していることがわかった暖の母。

責任を感じ、すみれは自殺を考えるようになったというのですが、その時、すみれを救ったのが暖の元親友、南条幸男だったというのです。

「これから一生、暖ちゃんのこと思い続けてていいから (`・ω・´)キリッ

と、すみれを懐柔した南条は、すみれを連れ香港へ旅立つ。

南条はなんていい奴なんでしょう。暖を陥れた張本人じゃなければですが。。

「悪いのは暖を見捨てた私だよ!」と泣きながら、南条の無実を訴えるすみれに、はらわたが煮えくり返る思いのモンテさんはプルプルと震え、

「悪いのは幸男なんだよ!(怒)」

と声を荒げたのでした。

スポンサーリンク

授賞式の会場では、そで裏で自分たちの出番を待っている南条とすみれの姿がありました。

その時、南条に一通のメールが届きます。

『これから真海を連れ去る』

今回のベストパートナー賞受賞者として南条夫妻の名前がアナウンスされ、授賞式の舞台へと向かう南条とすみれ。

ちょうど、その時、ヴァンパのメンバーはモンテ邸に襲撃をかけていました。

「モンテ・クリスト・真海!」

スタンガンでモンテさんの秘書・土屋さんを気絶させたヴァンパのみなさんは、そのままスタンガンをバチバチいわせながらモンテさんに近づくと、ダニーさんは特殊警棒みたいなのを取り出し「イヤー!」とモンテさんに殴りかかります。

モンテさん危うしといったところ、モンテさんを救ったのはダニーを除くヴァンパのみなさんでした。

モンテさんに向かって、警棒を振りかざすダニーさんをスタンガンでビリビリにすると、モンテさんと一緒にダニーさんを取り囲むヴァンパのみなさん。

ダニーさん以外は、すでにモンテさんによって買収されていたいうわけです。

「後の処理はお願いします」

モンテさんがそう告げると、ヴァンパのみなさんは「魚のエサができたぞ!」と騒ぎ立て、ダニーさんを運び出して去っていきました。

モンテさんが落とした爆弾、ついでにすみれ

「すみれ、いつもありがとう (`・ω・´)キリッ

パシャパシャ(シャッター音)

授賞式に登壇し、受賞スピーチを妻への感謝の言葉で締めくくった南条。

しかし、その時、集まった記者たちへ”ある情報”が出回っていました。

『ショーンリー殺害に南条幸男が関わっているらしいから、至急当たれ!』

社内から送信されたLINEにより、我先にとショーン・リー事件についての質問を南条にぶつける記者たち。

突然の出来事に「あのあの」言うしかない南条。

そんな夫・南条を尻目に、重い口を開いたすみれは「私たちは今日限りで離婚します」と爆弾発言。

唖然とする南条と記者たち。

詰めかける記者たちを振り払い、早々に壇上を後にしたすみれを追いかけた南条は、「俺は手引きしただけだって!」と食い下がりますが、すみれの怒りは収まりませんでした。

「私が言ってるのは暖のことよ!!」

そう、すみれはモンテ邸ですべてを知らされていたのでした。

スポンサーリンク

一方、受賞式の様子をテレビで見ていた神楽とその秘書・牛島

「これで南条幸男はもうダメでしょう」と神楽に声をかける牛島でしたが、この一連の流れであることに気が付いた神楽は「あいつまだ生きてる」とつぶやくだけなのでした。

そして、この異変に気が付いたのは神楽だけではありませんでした。

「やっぱりそういうことか…」

物語の初期の方からモンテさんに疑いの目を向けていた入間公平。

入間もまた、モンテさんが柴門暖であることについて疑惑を深めていたのでした。

授賞式のあと。愛梨の復讐が始まる

授賞式が終わり、自宅へと戻った南条。

呆然自失となった南条にマネージャーの愛梨は、今回の騒動でドラマの撮影中止が決まったこと、CMの契約違反で違約金が発生していることなどを告げる。

続けて愛梨は自分もまた、南条のもとを離れることを告げます。

「半年間ですがお世話になりました」

「ああ…」と力なくつぶやく南条。

しかし、愛梨にはまだやることが残っています。

「遺書を…、書いてください…」

突然の提案に驚きを隠せない南条に愛梨はこう続けます。

「ショーン・リー一家を殺害したのは自分だと書いて責任をとらないと奥さんと娘さんがヴァンパに狙われますよ!」

そして、まったく状況がつかめていない南条が「なんで…?愛梨さん?」と声を上げた瞬間、愛梨はここぞとばかりにとっておきの言葉をぶつけます。

「私はエデルヴァよ」

そして、突っ立てるだけでちっとも遺書を書こうとしない南条に、すみれと明日香が同じ目にあっていいのか?と詰め寄り、遺書を書くように要求する愛梨。

「人生のすべてに懺悔しろ」と言い残すと愛梨は南条宅を後にしました。

スポンサーリンク

海を見ながらモンテさんの姿を見かけた信一郎は「昔、カツオを買いに来てくれましたよね」(3話のパーティーの時のやつですね)と声を掛けました。

「もうすぐ知り合いが死ぬんです。昔、親友だった男が…」

モンテさんの言葉を聞いて「それは辛いですね」と同情する信一郎にモンテさんはこう続けます。

「昔はみんな幸せだったのに…」

 

南条のもとを去ったすみれは娘・明日香とともに教会でモンテ邸でのことを思い返し涙を流していました。

一人の漁師が親友の裏切りによって異国の牢獄に閉じ込められて死んだこと、その嘘の通報をしたのは南条幸男だということ。

「柴門暖を殺したのは南条幸男なんです」

そう断言するモンテさんの言葉に嘘はありませんでした。

 

再び海でモンテさんと信一郎が話すシーン。

「もう二度ともとに戻すことはできない…」

そうつぶやくモンテさんに、信一郎は「どこからでもやり直せるって俺は信じたいですけどね」と食い下がるも、いたたまれなくなり「あ、すんません」と頭を下げました。

南条幸男編終了!入間公平の反撃が始まる

「パパは悪い人だったの?違うよね?」

すみれが教会で泣いてばかりいるので、心配になった明日香ちゃんは愛梨に電話をかけます。

明日香ちゃんの問いかけに何も答えられない愛梨。

電話の後、南条宅へ戻った愛梨でしたが、そこで彼女が目にしたのは今まさにロープで首を吊ろうとする南条の姿でした。

そして、その直後、首を吊り死亡した南条。

残された遺書には基本的に、すみれが好きとかそういうことばかり書いてありました。

スポンサーリンク

寺角が不審死したことで捜査を進めていた警察はモンテ邸を訪れ、モンテさんに重要参考人として同行するように求めます。

なんでも寺角の使っていたレンタカーのGPSを調べた結果、寺角がモンテ邸の付近に来ていたことがわかったとか。

しかし、そこは強気なモンテさん。

「任意同行であればお引き取りを」と警察を軽く突っぱね、こう続けました。

「ただ…、警視庁刑事部長の入間公平さんのお誘いであればいつでもお受けしますよ」

そう言い残し、踵を返すモンテさんの姿を車中から見ていた入間は「この国の警察を舐めるなよ…」と苦々しくつぶやくのでした。

第7話完。

スポンサーリンク

まとめ

いやぁ、良かったですね第7話。

南条幸男、死んじゃいましたね。

まぁこの南条という男、やっぱり最後まで自分勝手というか、遺書には「すみれと明日香がヴァンパに狙われるから自分がやったって書け」ってことだったんですが、結局は”すみれを愛してた”とかそんなことばっかで。

まぁ、こんな感じだからこそ暖のことも裏切るわけで。困ったやつですね。

とりあえずヴァンパはモンテさんのしもべみたいだしいいか。

「復讐ごっこは終わりだよ。すわぁいもんだん」

入間「ヒャハハ」

モンテ「ハッハッハッ」

入間「ヒャハハハハハハハ!」

モンテ「ハッハッハッハッハッハッ!」

って、一体何やってんだろう?

予告をみる限り、とっても気になる第8話。狂気があふれ出していますね。

神楽はともかく入間公平はなかなか手強そうなオーラだしてますし、モンテさんと入間の対決は見ごたえありそうです。

最後すみれにもキラーンってなってるし。楽しみ。。

 

これまでのモンテクリスト伯の記事はこちらです↓
モンテ・クリスト伯 第1話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第2話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第3話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第4話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第5話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第6話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第7話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第8話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 最終回のあらすじと感想

相関図で分かる!ドラマ「モンテクリスト伯」を折り返し地点までざっくり解説
ディーン・フジオカ主演の復讐ドラマ「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」。 僕なんかはとても面白く見ていて、にやにやキリリ!なモンテ・クリスト・真海が、次回はどんな手口で憎い輩どもを陥れていくのか、毎週楽しみにしているのですが、視聴率はというとそれほど振るわず。。...

コメント