モンテ・クリスト伯 8話ネタバレあらすじと感想 ~生きていた幸男と嘔吐する未蘭~




親友だったはずの暖のみならず、香港での恩人ショーンさんまで裏切っていたイケメンこうもり野郎こと南条幸男(大倉忠義(関ジャニ∞))。

第7回のラストでは、最愛の妻・すみれ(山本美月)にも己の本性を知られ、衝撃の最後を迎えました。

モンテ・クリスト伯 7話ネタバレあらすじと感想 ~南条幸男が死ぬ話です~
神楽の妻・留美(稲森いずみ)と入間公平(高橋克典)の間に生まれ、生後間もなく生き埋めにされた息子・安堂完治(葉山奨之)。 モンテさんのしかけた罠により、もっとすっちゃかめっちゃかになるかと思いきや、意外や意外、留美は安堂が生きていたことを素直に喜び夫・神楽清(新井浩文)から...

いやぁ、いい気味でしたね。

8話では最後の狂気があふれ出すというモンテさんですが、今回は一体どんな復讐劇を見せてくれるのか?

残すところあと2話となったモンテクリスト伯。

南条亡き後、神楽と入間が1話ずつ死ねば、これでちょうど2話になりますね。

では、今回もモンテクリスト伯~華麗なる復讐~のネタバレストーリーと感想、第8話分です。

スポンサーリンク

生きていた南条、愛梨さん突然の解雇

持っていたグラスを握りつぶしてパリンと割って手からは大量の血が…。

そうかと思えばとワインのボトルを壁に投げつけてガシャーン!

物語が始まると同時に激しく癇癪を起すモンテさん(ディーン・フジオカ)と、なんだかすまなそうにする愛梨(桜井ユキ)。

毎週のようにいちゃいちゃしていた2人の間に何があったというのでしょうか?

そう、前回のラストで死んだと思われた南条は愛梨の手によってその命を救われていたのでした。

南条のことは殺したいほど憎んでいるが、南条の娘・明日香ちゃんのことを考えると殺せなかったようなことをいう愛梨さん。

「復讐が終わったらどうするつもりなんですか?」

「幸せにはなれないと思います!」

などと言って、モンテさんに食らいついてくるわけですが、モンテさんはそんな愛梨に”金拾億円也”と書かれた小切手を渡し「もう君は自由だ…」とクビを宣告します。

10億円の小切手を手に立ち尽くす愛梨。

モンテさんは「私の幸せは私が決める」と言い残し、そのまま二階へ消えていったのでした。

スポンサーリンク

これまでモンテさんのためにこれでもかと汚れ仕事してきた愛梨をクビにしたモンテさんはついに自ら動き出します。

もうこういう仕事をやってくれそうな人はいないですからね。

入院中の南条の部屋へやってきたモンテさんは、病室のベッドで眠る南条の点滴に持参した毒を混入しよう考えます。

そして、点滴に手をかけたその時。

「…、暖?」

夫・南条のお見舞いにとやってきたすみれは「そんなことしちゃダメだよ!」「どうしてもやるなら私がやる!」とモンテさんをしつこく静止。

さっさとケリをつけたいモンテさんは「だったらお前がやれ…」と毒の入った注射器をすみれに渡そうとするのですが、今度はそこに入ってきた明日香ちゃん。

もう、いてもたってもいられないであろうモンテさんはお見舞いに見せかけるために持参した花束に注射器を忍ばせ、すみれに渡すと帰っていってしまいました。

 

南条の病室を後にしたモンテさんは波止場で釣りを楽しんでいました。

すると、そこにやってきたのはこの物語の当初からモンテさんが気にかけている相手、守尾信一郎(高杉真宙)でした。

信一郎との世間話を楽しむモンテさん。

釣りの話題から彼女の話になると未蘭(岸井ゆきの)のことを思い出し照れる信一郎。

そんな信一郎をみてほほ笑むモンテさんですが、その直後、信一郎のスマホに未蘭から着信が入ると液晶に表示された入間未蘭の名前に気がつきハッとなります。

モンテさんの計画では未蘭は入間公平(高橋克典)の妻であり、未蘭の継母・瑛理奈(山口さやか)に殺されるはずですからね。

認知症の合言葉は「むむゆをいるはんんや」

入間家では、ちっとも信一郎と会おうとしない公平に対して未蘭が駄々っ子のように怒りをぶつけていました。

「ずっどパパのい゛う゛ごどぎいできた(怒」

親子喧嘩に発展し、部屋を後にする公平。

この様子を見ていた瑛理奈は、公平が部屋を出ていったのを確認すると「時間をかけて説得すれば大丈夫!」と未蘭に声をかけ優しい母親を演じます。

本当は殺そうとしてるのに。

そして、未蘭が大好きなおじいちゃん・貞吉(伊武雅刀)の部屋へ向かったとみるや、未蘭の後を追い、自分も貞吉の部屋へやってくる瑛理奈。

瑛理奈に未蘭殺害の計画を知らされながらも、しゃべることができない貞吉ですが、貞吉には以前、遺書の書き換えの時に使った”視線で文字を入力できる特殊なパッド”があります。

待ってましたと言わんばかりに視線パッドで文字を入力しはじめる貞吉。

結果、パッドには驚愕の文字が表示されることになります。

”むむゆをいるはんんや”

未蘭( ゚д゚)ポカーン

貞吉( ゚д゚)ポカーン

視聴者も含めて、みなが( ゚д゚)ポカーンとしているのですが、ここでようやく喜々として割り込んできた瑛理奈。

「もしかして…認知症?……、やだ!まさか!!」

コスいやり口で見事、貞吉に認知症疑惑をかけた瑛理奈は、未蘭には自室に戻るように言い、未蘭が部屋を出ると、さっそく貞吉にネタばらしします。

「視線をとらえるレンズを汚しといたんです♪」

そう言うと、レンズの汚れをふき取る瑛理奈。

今度は自らの視線で文字入力を始めました。

パッドに表示されたのは「みらんころす」の文字。

「明日信一郎さんが来た時に~♪」

「お義父さんの目の前で~♪」

貞吉の目の前で毒の入った小瓶をフリフリしてニヤける瑛理奈。

その時、意外な来客によって瑛理奈の悪ふざけは中断することとなりました。

スポンサーリンク

「はじめまして真海と申します」

未蘭に連れられ貞吉の部屋に入ってきたモンテさんは、伝説のファンドマネージャーとして業界で有名だった貞吉と2人で話がしたいと言い、部屋に2人きりになったのを見計らうと持参した文字ボードを使って貞吉の真意を探ろうとするのでした。

一方その頃、神楽清(新井浩文)は入間公平に会いモンテさんをどうするかの相談をしていました。

そして、神楽は、かつてモンテさんが濡れ衣を着せられるきっかけとなった国際テログループ・ククメットからの手紙が入間の父・貞吉に充てたものだということをネタに入間に協力を要請。

「真海は何者だと思う?」

入間からの問いかけに「多分、入間さんの考えと同じです」と答えた神楽。

「あいつをもう一度殺してください」

そう言うと頭を下げ、その場を後にしました。

ついに対峙する入間とモンテ、今週のバカ親子

神楽と話をした後、入間はさっそく行動に移ります。

モンテさんを呼び出した入間は、やってきたモンテさんを、かつて暖をハメた場所、暖を異国の刑務所へ送り飛ばす前、暖と面会した取調室へと案内します。

入間とモンテさんはテーブルを挟むように対面で座り、当時を再現したかのような光景。

入間はモンテさんが莫大な資産を手にした時期とファリア・真海が死んだ時期が一致していること、ファリア・真海が投獄された刑務所に柴門暖という日本人がいたことを挙げ、モンテさんに揺さぶりをかけます。

入間「私たちに復讐するために戻ってきたんですよねぇ?」

モンテ「何か身に覚えがあるんですか?復讐される理由が…」

入間「いえ、まったくw」

なんてやりとりを続ける2人。

そこでモンテさんは、自分がファリア・真海の息子であることを告げ、この不毛なやりとりに決着をつけ、取調室を後にしたのでした。

スポンサーリンク

一方その頃、あのバカ親子はというと…。

寺角を殺害しておきながら、2人で街をぶらつく神楽の妻・留美(稲森いずみ)と安堂完治(新井浩文)。

記念撮影をしたり「夢に向かってがんばろう!」と人を殺しておきながらやたらポジティブな留美と、そんな留美にどこかついていけないような安堂。

そんなとき、留美の携帯に入間から着信が入ります。

「殺害現場から安堂のDNAが検出された。今すぐその男から離れろ」

元愛人に気を配る入間ですが、留美は安堂を見捨てることができず一緒に逃亡しようと持ち掛けます。

あまりのウザさに「なんなだよアンタ!」とブチギレる安堂。

そんな安堂に「世話焼き…ババア?」と可愛く答える留美なのでした。

ついにバレてしまったモンテさん、フンフンする入間

すったもんだがあって、自宅テラスで貞吉からのメッセージについて思いを馳せるモンテさん。

文字ボードを使い、貞吉から受けとったメッセージとは、

”みらん ころされる あした”

というもの。

信一郎の恋人が未蘭であることを知るモンテさんの胸中は複雑です。

しばらく考え込んだ後、何かを決心し、秘書の土屋を連れて車に乗り込むモンテさん。

しかし、突如、モンテさんを乗せた車の前を防ぐようにしてモンテ邸へと乗り入れた車。

車に乗っていたのは自信に満ち溢れた表情の入間でした。

スポンサーリンク

モンテさんの指紋をひそかに採取し解析していた入間は、証拠書類を手にモンテさんと柴門暖の指紋が一致していることを告げます。

「復讐ごっこは終わりだよ…。お前の負けだ…、柴門暖!」

これでモンテさんは強制送還になるとのことで大喜びの入間。

しかし、モンテさんの切り札は一瞬で入間の顔を凍り付かせます。

そう、モンテさんの切り札とはもちろん入間と留美がかつて殺害したはずの息子・安堂。

事件を目撃していた土屋は秘書として雇ってるし、当の安堂は現在、殺人容疑で警察に追われる身。

「入間さんが昔のように書類を差し替えてくれるのならこのことは黙ってますよ」

火のついたろうそくを乗せた燭台を入間の目の前に置く秘書・土屋。

唇を噛みしめフンフンと鼻息をならしながら証拠書類を自らの手で火にかける入間に対し、モンテさんはあざ笑うかのように「手慣れたものだ」と言ったのでした。

牛島、おまえもか!神楽がボコボコにされる日

入間から安堂に殺人容疑が掛かっていることを知らされた神楽は、金をせびりにやってきた留美に「巻き込んでんじゃねえよ!」とブチギレます。

まぁ当然ですね。

勢いで、かつてモンテさんからもらったロッド(釣り竿)を手に取った神楽は、ロッドに盗聴器が仕掛けられていることに気がつき、ロッドの盗聴器部分をコーヒーにつけ故障させました。

するとそこにズカズカと入り込んできた闇金業者の天野。

金を借りた安堂を追い込み、留美が神楽の金で返済した時の人ですね。

「ご主人様が連帯保証人になってくれると奥様が…」

天野が持ってきたスーツケースを開けると札束が目いっぱい詰め込まれていました。

そして、札束を目にした留美は、神楽がサインをする前に札束を持って逃亡します。

逃げ出そうとする留美を静止するどころか、ドアを開けて行かせてしまった秘書の牛島に対し怒りをぶつける神楽ですが、牛島のヘッドバッドにより鼻血を垂らしてダウン。

置かれた状況がわからない神楽でしたが、なんと今度は背後から闇金業者の追撃。

神楽はその場に倒れこみ気を失ってしまいました。

信一郎の幸せを願うモンテさんと未蘭を殺したい瑛理奈

「キター!ダボハゼー!!……、メス?」

こんなことをやりながらようやくダボハゼのオスをゲットした信一郎の前に姿を現したモンテさんは、信一郎に謎の薬を渡します。

突然のことに「ちょ、ちょっ」となっている信一郎にモンテさんは「これがあれば大切な人を守れるんです」「時間がないんです」と半ば強引に薬を渡します。

「あなたには幸せになってもらいたいんです」

モンテさんの押しに負けた信一郎はついにモンテさんから謎の薬を受け取ったのでした。

スポンサーリンク

自宅で信一郎の到着をウキウキした様子で待つ未蘭。

瑛理奈もウキウキです。ようやく未蘭を殺せますから。

「レモネードでも飲んで♪」

そして、瑛理奈に勧められるがままレモネードを飲んだ未蘭は、到着した信一郎を連れ、貞吉の部屋へ訪ねるとそこで倒れてしまいます。

未蘭を看病するため入間家に残った信一郎は、そこでモンテさんにもらった謎の薬のことを思い出します。

「これ飲んでみる?」

モンテさんの言葉を信じ、未蘭に謎の薬を飲むように勧める信一郎。

しかし、信一郎の勧める薬を飲んだ未蘭は鼻血を流し、ゲロを吐きながら失神。病院へと搬送されていきました。

未蘭が倒れたことを聞き、病院に駆け付けた入間は、担当医から「未蘭が毒を飲まされた」と告げられます。

「警察に連絡してください」と提案する担当医ですが、入間は次の警視総監の椅子を狙う男。

自宅で事件が起こったなんて口が裂けても言えません。

責任を感じた信一郎は、未蘭にモンテさんから貰った薬を飲ませたことを白状するのですが怒った入間に胸倉をつかまれ振り回されてしまいました。

今週のラスト、愛梨さんはクビなので一方その頃の総集編です

【神楽編】

目を覚ます見知らぬ部屋に閉じ込められていた神楽。

いくら大声でわめいても誰も助けにきませんでした。

「柴門暖!出て来いよ!うわぁ~!」

 

【バカ親子編】

レンタカーを借り、今頃になってようやく逃亡を始めようとする留美と安堂。

20年ぶりに運転するという留美は前に進もうとしてバックします。

「下がってる!下がってる!ちゃうちゃうちゃう!」「だいじょぶ、だいじょぶ」

 

【瑛理奈編】

未蘭に毒を盛り、後は貞吉を殺るだけになった瑛理奈は、すやすやと眠る実子・瑛人を抱き寄せ「愛してる」と言います。

 

【すみれと南条編】

ようやく決心したのか、モンテさんから受け取った注射器を使って点滴に毒を混入させようとするすみれ。

しかし、実は眠ったふりをして起きていた南条は、入院患者とは思えないほどのスピーディーな動きですみれに襲い掛かると、すみれの首にボールペンを突きつけ捕縛。

ハァハァ言いながら囚われの身になったすみれに南条は「俺を殺したいだろ?俺を殺したいだろ?あ゛あ゛」と尋常じゃない様子です。

そして「あいつんとこ行くぞ!暖ちゃんとこだよ!」と告げると、すみれを連れて病室を飛び出して行くのでした。

 

【帰ってきた愛梨編】

キッチンで料理を作るモンテさんの背後に忍び寄る影。

「幸せを探しに行ったんじゃなかったのか?」

そう、今週の放送序盤でモンテさんに叩き出されたかつての相棒・愛梨です。

愛梨はモンテさんから受け取った”金拾億円也”の小切手を取り出すと、なぜか食べてしまいました。

モグモグタイムですね。

「食べづらいだろ、スープ飲むか?一緒に…」

なに言ってんだろ…。

きっと、この2人には2人にしかわからないなにかがあるのでしょう。

そして号泣したかと思うと笑いだす愛梨さん。

第8話完

まとめ

とにかく誰かが何かしようとすると突然誰かが現れるといった回。

冒頭でモンテさんが南条の点滴に薬を混ぜようとした時から、とにかく邪魔が入る回でしたね。

残すところあと1回とのことですが、余計にごちゃごちゃしてきた感もありますね。

一体この大きく広げられた風呂敷をどのようにたたんでいくのか?
楽しみですね。

次回はいよいよ最終回!

2時間スペシャルとのことで一体どんな結末が待っているのか?

新井さんのツイートによるとえぐいらしいです。

個人的にはこのドラマに関していうと『もうどんなにえぐくてもいい!』といった感じで見てますので、えぐいのはウェルカムですね。

ダボハゼのつがいだけには幸せになってほしいものです。

モンテクリスト伯の記事一覧です↓
モンテ・クリスト伯 第1話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第2話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第3話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第4話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第5話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第6話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第7話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 第8話のあらすじと感想
モンテ・クリスト伯 最終回のあらすじと感想

相関図で分かる!ドラマ「モンテクリスト伯」を折り返し地点までざっくり解説
ディーン・フジオカ主演の復讐ドラマ「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」。 僕なんかはとても面白く見ていて、にやにやキリリ!なモンテ・クリスト・真海が、次回はどんな手口で憎い輩どもを陥れていくのか、毎週楽しみにしているのですが、視聴率はというとそれほど振るわず。。...

モンテクリスト伯最新話はFODで無料視聴可能です

サイコパスな登場人物たちのせいでちっとも華麗な感じがしない「モンテクリスト伯~華麗なる復讐~」。

最新話を視聴されたい場合はFOD(フジテレビオンデマンド)で無料視聴が可能です。

最新話がテレビで放送されてから1週間のみですけど。。

ぜひ1話から全部見てみたいという方はFODプレミアム(初回登録31日間無料)で絶賛配信中となっております。

※初回登録無料について

FODの初回登録31日間無料キャンペーンは現在「Yahoo! JAPAN ID」を利用して登録するものになっておりますが、このキャンペーン、6月30日23時59分をもって終了とのこと。

7月以降については7/1 0時、FODプレミアムの公式サイトで告知があるようなので、当ブログでもわかり次第お知らせいたします。それでは。

コメント