連続ドラマ「電影少女2018 第11話」のあらすじと感想~人間になったアイと出会うアイ(一人二役)、残すは最終回のみの巻~




「そこまで信用できねぇのか!俺のことが!!」と智章(清水尋也)が怒り、アイ(西野七瀬)と奈々美(飯豊まりえ)がバチバチになり、翔(野村周平)がアイに愛の告白をし、清水(村上淳)が改心して、洋太(戸次重幸)がアイをさらっていった前回。

連続ドラマ「電影少女2018 第10話」のあらすじと感想~かっこよく改心する清水・叔父が人さらいなんです~
みなさんこんばんわ。 今週もドラマ電影少女のあらすじと感想。今週は第10話です。 前回9話では、悪のプロデューサー・清水さん(村上淳)のもとから、記憶を失ったアイ(西野七瀬)を取り戻そうと奮闘する翔(野村周平)。 しかし、そんなこんなで、かつて恋心を抱い...

目まぐるしい展開に何が何やらようわからん中、一体洋太はアイをどこへ連れて行ったんだろう?

とてもとても気になります。

それでは、今回もドラマ電影少女のあらすじと感想、今回はついに11話目です。

スポンサーリンク

謝罪会見を開く清水を尻目に、まさかの人間アイ登場(一人二役)

伝説のアイドルとなるはずだったアイをデビュー目前で逃亡させた清水は、謝罪会見を開き、マスコミの前で謝り倒していました。

清水さん大変そうだな。

と思った次の瞬間、画面が切り替わり洋太に連れ去られたアイの前に現れたのは、原作で人間になったアイ(一人二役)。

その姿は、25年の時が経ったとは思えないほど西野七瀬で若々しく、しかし、髪は黒髪ロングだった。。

そう、原作をご存知の方は当然知ってらっしゃると思うのですが、原作でアイは洋太と結ばれ、見事人間になっていたんですね。

その人間として洋太と共に生活を続けてきたアイを見た、アイ(今のアイ)は、「俺も人間になりたい」と妖怪人間的なことを言うんですが、人間アイに「それは無理だ」と言われてしまいました。

だって、すでにビデオガールの仕組みに精通している人間がいないですから。。

原作ではいたんですけどね、でも、その方はもう死にました。。

人を愛すると熱が出る→止まる(死ぬ)のがビデオガールの運命

第10話でお互いの愛情を確認しあった翔とアイでしたが、結局のところ、そんな感じではアイは熱を出して止まる、死んでしまう。

その辺のことを、アイは人間になったアイに、翔は叔父の洋太にそれとなく告げられ、数日が過ぎ、アイは発熱が収まると翔のもとへ帰っていきました。

もうお互いに好きになったりはしないと心に誓った翔とアイ。

アイは翔を一人でもしっかり生きていけるようにすることを目的に、翔の自宅へ戻ると、これまで同様に翔との同棲生活を過ごすことになります。

そして、翔は智章に頭を下げ、もう一度アニメを作ろうと頼み、「アイを安心させるため」と言う翔に、最初は難色を示していた智章も折れ、もう一度翔と一緒にアニメを作ろうと心に決めたのでした。


アイにブチ切れる菜々美、智章にもとばっちりを食わせる

アイの再生時間はあと少し。

せめて、残された時間を翔と一緒に楽しく過ごしてもらいたい。

僕なんかはそう切に願うのですが、この事を面白く思わない人物が1人、、そう菜々美です。

アイが翔の自宅でこれまで同様生活していることを知った菜々美は、それはもうブチ切れ。

前回の放送でアイに「翔のことを頼むな」とか言われて、すっかりその気になっていた菜々美にすれば、アイは完全に「なんなの?この女」なのです

そんな菜々美をなだめようと、アイが「俺、もう少しで消えちゃうんだ…」とか「もう俺は翔のこと好きになっちゃダメなんだ!」とか言っても、「自分のことばっかり!勝手だよ!」とか「私の気持ちはどうなるの!」みたいなことを怒鳴り散らす菜々美。

そしてプリプリ怒ってその場を去っていった菜々美は、今度は智章に呼び出され、アニメ作成の話を持ち出されると、またプリプリ。

「なんなの!優しいよ!卑怯だよ!」と怒り出す菜々美に圧倒された智章は「えっ?」と聞き返すも、怒りに震える女・菜々美は智章のもとからもプリプリ去っていきました。

アイが消えてしまう前に…、アイとの最後のデートを約束する翔

怒り心頭の菜々美のことを思ってか、「最後までダメだ…」と落ち込むアイ。

そんなアイの姿を目にした翔は、唐突に「最後の日、デートしないか?」とアイにデートのお誘いを申し出ます。

アイを好きにならないことを前提に「最後の日を2人で楽しく過ごそう」と提案する翔。

そして、アイが翔のデートのお誘いを承諾したところで11話完となりました。

まとめ

マスコミ対応に追われる清水さん、もうすぐ消えてしまうアイ、翔を想ってプリプリする菜々美と、今回はなんだか切ないお話でした。。

次回予告を見る限り、もう完全にアイ消えてもうてるやん…といった印象も受けるんですが、どうなってしまうんでしょうか?

次週はいよいよ最終回です。

次の記事はこちら↓

最終回!ドラマ「電影少女2018 第12話」のあらすじと感想~青い粒粒になったアイ、そしてついにアニメを完成させた翔~
長かったようで早かった。 ドラマ電影少女第12回。今回が最終回です。 先週11話では、アイ(西野七瀬)の再生期間終了が迫り、アイの最後の時間、2人でデートをしようと約束をした翔(野村周平)。 いったいどんなラストが待っているのか? それでは...

これまでの電影少女

電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第1話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第2話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第3話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第4話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第5話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第6話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第7話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第8話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第9話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第10話のあらすじと感想

コメント