最終回!ドラマ「電影少女2018 第12話」のあらすじと感想~青い粒粒になったアイ、そしてついにアニメを完成させた翔~




長かったようで早かった。

ドラマ電影少女第12回。今回が最終回です。

先週11話では、アイ(西野七瀬)の再生期間終了が迫り、アイの最後の時間、2人でデートをしようと約束をした翔(野村周平)。

連続ドラマ「電影少女2018 第11話」のあらすじと感想~人間になったアイと出会うアイ(一人二役)、残すは最終回のみの巻~
「そこまで信用できねぇのか!俺のことが!!」と智章(清水尋也)が怒り、アイ(西野七瀬)と奈々美(飯豊まりえ)がバチバチになり、翔(野村周平)がアイに愛の告白をし、清水(村上淳)が改心して、洋太(戸次重幸)がアイをさらっていった前回。 目まぐるしい展開に何が何...

いったいどんなラストが待っているのか?

それでは、電影少女2018、最終回のあらすじと感想です。

スポンサーリンク

智章に菜々美はぷりぷり、翔とアイはじわじわ、そして朝になった

奈々美(飯豊まりえ)とよりを戻そうと必死な智章(清水尋也)に、先週同様ずっとぷりぷり起こっている菜々美。

なんだかんだと理屈をこねて菜々美を引き留める智章。

話し合った結果、消えてしまうアイを思いなんだかさみしくなってしまった智章と菜々美なのでした。

アイが消えてしまう前日の夜、2人きりで過ごした翔とアイ。世間話をしたりして過ごすわけですが、なんだかいい雰囲気になってきて翔はアイにキスをしようと試みる。

アイのそれを受け入れじわじわと接近していくのですが、あと10センチくらいですかね。。

そこで鳴り響く目覚まし時計のベルの音。

そう、じわじわやりすぎてしまい朝になっていたのでした。

そして、2人はキスするのはやめにして、最後のデートに向かうための準備を始めるのでした。

丸井の屋上でほっこりする翔とアイ、菜々美と智章からの差し入れ

以前、翔に買ってもらった服に着替えて最後のデートにでかけるアイと翔。

2人の思い出の場所、といっても、近所の公園とかを巡ったあと、翔は自分以外の誰も知らない場所、自分が絵を描くときとかに使っていた丸井の屋上にアイを連れていきます。

そして、2人で夕日を眺めた後、翔はアイに「思い出すたびに強くなるんだぞ。記憶ってやつは」と告げた。

自宅に戻るとテーブルにはなんと、菜々美と智章によってご馳走が用意してあった。

そして、そこには先週からぷりぷり怒っていた菜々美からアイに宛てた置手紙が…。

「絶対忘れない一緒に笑ったこともケンカしたことも。幸あれ」

手紙をみてじんわりするアイ。

菜々美と智章はアイと翔を2人きりにするため、2人の前に姿を現すことなく去っていったのでした。

アイに自作アニメをお披露目する翔、しかし…

最後のディナーが終わると翔はおもむろに部屋の電気を消す。

このタイミングで部屋を暗くするというのはどう考えてもアレしかないんですが、そうじゃないです。いよいよじゃないです。

そう、翔が部屋を暗くしたのは、アイのために作っていたアニメを披露するため。

菜々美と智章が用意していったスクリーンに映し出されたのは、ガラクタが集まる街に住む、俺という名の少女の物語を描くアニメでした。

少女はガラクタたちと楽しく暮らし、そこで奇妙な卵を見つける。

その卵は変な卵で、だれからも相手にされない卵なんですが、その少女だけは、そんな卵に向かって「俺と一緒にいこうぜ!」というのでした。

しかし、その物語はそこで突如終了。

翔はアイが再生時間を終えるその日まで、物語を完成させることはできなかったのです。

アイに完成が間に合わなかったことを告げ、落ち込んだ様子で謝る翔。

そんな翔にアイは「おまえのいいとこ、またひとつめっけ」と言い泣き崩れてしまうのでした。

「キスしようぜ♡」その後、アイは消えていった

場面は変わり、洋太(戸次重幸)と人間になったあい(西野七瀬)。

「そもそも、どうしてビデオが再生できたのか?」「あいは人間になったのに」と不思議がる洋太に、人間あいは「ビデオガールとしてやり残したことがあって、その想いがビデオテープの中に残っていた」と言った。

そして、その時、アイは最後の時を迎えようとしていた。

「お前が好きだ。愛してるよ。アイ」

アイに今一度、自身の想いを告げ、アイを抱きしめる翔。

「キスしようぜ」

アイは翔にそう告げ、2人がキスをした瞬間、アイは青い粒粒になって消えていきました。

アイがいない世界、アニメの続きを制作→完成させた翔

アイが消えてしまった後も、翔は、智章、菜々美らと共に、アイに見せることが出来なかったアニメの続きをせっせと作り続ける。

「卵のままじゃ大変だ。俺が何でもしてやるよ」

少女は卵と共に夕日を眺めると、卵は涙を流し、気がつくと卵には小さなひびが入っていた。

そして、ひびは大きくなり、卵からかえった一羽の鳥は空に向けて飛び立っていく。

完成したアニメを見終わると翔は「よし」とつぶやいた。

最終回完。

まとめ

いやぁ、最終回。おもしろかったです。

最後の最後にアイは消えてしまったんですが、翔はアイと出会うことによって人間的に成長したわけで。アニメだってちゃんと完成させたしね。

これまでの流れだと最終回で、さらなるどんでん返しがあるのかとも思ったんですが、思った以上にしんみり終わっちゃったわけで、原作でアイを人間にするために色と頑張っていた叔父・洋太の話とはまた違うんですが、これはこれで良かったのかなと。。

要望があるとするならば、酒井法子をちょい役でもいいので出してほしかったことくらいですかね。

それでは。。

電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第1話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第2話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第3話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第4話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第5話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第6話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第7話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第8話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第9話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第10話のあらすじと感想
電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018- 第11話のあらすじと感想

コメント