連続ドラマ「電影少女2018 第9話」のあらすじと感想~水をぶっかけられる翔、キャップの女現る~




では、今週もドラマ電影少女第9話のあらすじと感想です。

前回8話では、翔大好き女子である後輩リカ(大友花恋)とも決別し、アイ(西野七瀬)を清水(村上淳)から取り戻すことを誓った翔(野村周平)。

前回の記事はこちら↓

連続ドラマ「電影少女2018 第8話」のあらすじと感想~ジャイアン清水のアイドル育成計画~
アイ(西野七瀬)が行方不明になってから1週間。 悪代官のような清水さん(村上淳)が、行方不明になったはずのアイをYoutubeに登場させ、それを見た翔(野村周平)が驚愕した第7話。 翔とアイは今後どうなってしまうのか? アイがいなくなってからとい...

前回のラストの感じをみると今回はいよいよあの憎たらしい清水との最終決戦かもしれません。

電影少女第9話、一体何が起こったのか?あらすじと感想を書いていきたいと思います。

ネタバレありますのでご注意を。

スポンサーリンク

冒頭から2分 翔は清水のもとを訪れ、そして散った

清水のもとで働くことになった智章(清水尋也)は清水のオフィスを訪ね、そこで記憶をなくしアイドルとして活躍するアイを見つけます。

「アイちゃん…!?俺だよ、智章だよ!」と興奮気味にアイに話しかけるも智章でしたが、記憶のないアイは「誰?」ときょとん。

黒幕の清水が割って入り「ん?ああ、きやすく話しかけちゃダメよ」と、さらっと智章に釘を刺し、刺された智章もきょとん。

しかし、次の瞬間、アイを連れ戻すため本気モードの翔が清水のオフィスに駆け込んでくると、「部外者入れてんじゃねー!タレントがいるんだよ!」と、より強い本気モードで怒号をあげた。

ここまでが冒頭から開始2分。

前回のラストで本気モードになった翔でしたが、清水に怒られ早々にお引き取り願うことになりました。

アイの手料理に悶絶する清水、翔に水をぶっかける

その後、智章(清水尋也)は翔に「アイが本当は何者なのか?」について訪ねながらも、清水に言われるがまま「(アイのことは)諦めろ」「プロジェクトは動き出してる」「ストーカーかよw」とか言って翔がアイを連れ戻すのをやめさせようとしていた。

一方その頃、現場でスチール撮影なんかを行うアイと清水さん。アイドルとしてすっかり板についてきたアイは、手料理のまずいお菓子を差し入れし、それを食べた清水は悶絶。

なんとも楽しそうな現場で忙しい日々を過ごしていました。

しかし、アイを取り戻すためアイ宛の手紙をしたためた翔は、ある夜清水のもとへ向かい再度決戦へ→バケツで水をぶっかけられてしまいます。

ずぶ濡れになりながらも、手紙をアイに手渡すように直談判するも、あの鬼の清水さんがそれを許すわけもなくこれをあっさり拒否。

そこに現れた智章は、翔の手に握られた手紙を奪うと「これ俺が捨てときますね」と去って行く。

そして、智章が清水の手先になってしまうと、女好きの翔は菜々美(飯豊まりえ)と2人で会うようになっていました。

前々回の第7話でもケンカしていた菜々美と智章、それが8話では寄りを戻し、9話目にしてようやく翔と菜々美が密会をはじめましたね。

チャンスは遅れてやってくるわけです。

ナツミとの2ショット写真を見つけ、事態は急展開に

そんなある日、アイは清水が留守中に、キャップをかぶった女子と自分の2ショット写真を発見する。

写真の日付は今から25年前。

この写真に写るキャップの女性は誰なのか?

原作を知る人であればピンときたと思いますが、これは25年前、清水がイケイケのダンサーだったころの恋人であり、故人であるナツミなのです。↓の表紙の女の子ですね。

帰って来た清水に、アイは写真を見せて「自分が本当に清水のビデオガールなのか?」「なんで25年前の写真に自分が写っているのか?」を問いただすも、清水はそれを「昔より今」と一蹴。

「俺を信じてくれ」と真剣な眼差しで嘘を吐く清水に、アイはそれ以上何かを問いただすことはできなかった。

そして、智章はそんな2人の様子を物陰から忍者のように伺っていた。

そして、菜々美と翔はいちゃいちゃする

そんなある日、アイが苦しむ姿を見かねた智章は、翔がキャラデザを書き溜めたスケッチブックをアイに渡します。

アイは失った記憶を取り戻すため、スケッチブックの持ち主である翔を探しに行くのですが、翔の方はというと、やっぱり今日も菜々美と2人で会っていました。

そして、翔のスケッチブックを盗み見た菜々美は、そこに自分をモデルにしたアニメのキャラデザが描かれていることに気がつくのです。

アイをモデルにする前のやつですね。

なんでわざわざそんなものを持参して菜々美と会うのかを考えると、若干、翔の嫌な部分が見えてしまうのですが、まぁいいでしょう。

しかし、僕は良いとして、アイはどう思うのでしょうか?

この翔と菜々美がいちゃつく姿、その一部始終をアイは窓の外から見ていたのでした。

第9話完。

まとめ

相変わらず次から次に節操がないというか、女のことで悩むたびに別の女に慰めてもらう翔。

菜々美も菜々美で、智章との間に思い出がないと打ち明けてみたり、先週やっとリカがいなくなったかと思えば、今度は翔と菜々美がくっついてしまいそうな感じです。

そして、果たしてそんなことで鬼のアイドルプロデューサー・清水の心を溶かしアイを救出することはできるのか?

ゲス男・清水についての記事はこちら↓

ドラマ電影少女をもっと楽しむために知っておきたいゲス男・清水浩司という男
テレビ東京 テレビ東京系で放送中のドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」。 いやぁ、おもしろいっすね。 そもそも僕がこのドラマを見てみようと思ったのは、その昔「週刊少年ジャンプ」で連載されていた原作マンガを知っていたからなん...

次回、電影少女第10話。いまから楽しみです。

電影少女をみるならアマゾンプライムがおすすめ

いよいよ物語も大詰めといった様子のドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」。

地上波より1週先行配信中のアマゾンプライムでは、第1話からこれまでの放送をすべて見放題です。

「放送を見逃した!」「話題のドラマをもう一度見たい!」なんてかたは是非下記のリンクから、アマゾンプライムを利用してみてはいかがでしょうか?

初回30日無料でお試し登録もできるのでおすすめです(^^)

 

Amazon Prime 「電影少女」
電影少女イメージ
アマゾンプライムへのリンクボタン

コメント