プラカードええやん。急に始まった野党の#Me Too運動に思うこと




野党6党の議員が「#Me Too」のプラカードを持って財務省を訪問。

朝日新聞社が4/19、Youtubeで公開したニュース映像です。

なんでこんなことが起きているのかというと、ご存知の方も多いと思うのですが、福田財務次官がセクハラ疑惑騒動で辞任したのことが原因でして、まぁ、この福田財務次官という男、ニュース番組やワイドショーなんかで連日流されているように、テレビ朝日の女性記者とされる女性に向かって「抱きしてめていい?」「胸触っていい?」とセクハラ発言を連呼。

ただしこの音声データなんですが、セクハラを受けたとされる女性側の音声について公開されることはなく、福田財務次官本人も自身のセクハラ疑惑については「(音声データの)相手側の音声もきちんと確認すればこれがセクハラ発言でないことがわかると思うよ」「でも、騒ぎになってしまったので辞めます」みたいなことを言って、最後まで自身のセクハラを認めることなく辞めていきました。

しかし、それを良しとしない野党議員の方々は「セクハラを認めろ!」「謝罪しろ!」と財務省に詰めかけたという話ですね。

まぁ、このことについて僕がまず初めに思うのは「セクハラしてはいけないよね」ということ。野党の方々も怒ってますし、やっぱりセクハラはどうしてもダメですね。

で、次に思うのが集まった野党の方々が手にするプラカード。

「この急に始まった野党の#Me Too運動は一体なんなんだろう?」ということです。

スポンサーリンク

セクハラ被害を訴える運動「#Me Too」とは?

MeToo

今回突然始まった野党議員による「#Me Too」運動。

そもそも、どういったものなのかというとこんな感じで定義づけされているみたいです。

セクシャルハラスメント(セクハラ)など性的暴行の被害体験を告白・共有する際にソーシャル・ネットワーキング・サービスで使用される。#Me Too、#metooなども用いられる。

2017年10月15日、ハーヴェイ・ワインスタイン(ハリウッドの映画プロデューサー)によるセクハラ疑惑が報じられたことを受け、女優のアリッサ・ミラノが同様の被害を受けたことのある女性たちに向けて’me too’と声を上げるようTwitterで呼びかけたことが発端とされる。

多くの著名人や一般利用者がこれに呼応し、世界的なセクハラ告発運動が展開されるに至っている。

2018年4月16日、「#MeToo」を使った運動の発端となったセクハラについて報道したニューヨーク・タイムズとザ・ニューヨーカーの記者が、ピューリッツァー賞の公益報道部門に選ばれた。

Wikipedia -MeToo-

昨年末にハリウッド界を賑わせたセクハラ映画プロデューサーの一件で火が付いたアレです。

有名ですよね。

これによって結果的にセクハラプロデューサーに認定されたハーヴェイ・ワインスタイン氏は失脚、この社会現象ともなった「#Me Too」は、これまでセクハラ被害を受けながらもそれを告発することができなかった人々に勇気を与え、また、これまでセクハラし続けていた加害者たちを震え上がらせることに一役買ったわけです。

よかったよかった。

で、今回の野党の人たちを見ていると

「これじゃない感」がいっぱいですごく不思議な光景に見えるんです。

この人たちは一体なんの”#Me Too”なんだと。。

スポンサーリンク

不思議と好きになってしまうヘンテコパフォーマンス

100歩譲って「”#Me Too”しやすい世の中を!」とかならわからないでもないんですが、誰が初めにこれをやろうと言い出したのか…。。

セクハラを認めないまま退いた福田財務次官に、セクハラを認めさせ、財務省にもトップがセクハラをしたことを認めるように訴えること自体は、まぁわかるんですけど、このヘンテコなパフォーマンスのせいで、そのせっかくの行為すらどこか胡散臭く、なんだかコントにも見えてしまってなんだか虚しい。。

もっと言うと、セクハラ被害を告発した女性が、その他のセクハラ被害者に声を上げるよう促し、それに呼応する人たちが生まれてきたという、本来の「#Me Too」すら、なんだか変な方向に行ってしまいそうで、なんだ心配になってしまいます。

また、別に与党の味方をしたいというわけではないですし、重箱の隅を突つきたいわけでもないんですが、セクハラでニュースサイトを検索するうちにこんな記事を発見。

4月11日の産経ニュース、立憲民主党についての記事です。

東海地方の無所属の地方議員らが11日、元秘書からセクハラを告発された立憲民主党の青山雅幸衆院議員(比例東海、党員資格停止中)に議員辞職を促すよう求める署名簿を同党に提出した。

~中略~

対応した同党の西村智奈美ジェンダー平等推進本部長は「被害者と和解が成立しているので党として対応は難しい」と返答した。

産経ニュース 

元秘書女性へのセクハラが報じられ党員資格停止中の立憲民主党、青山雅幸衆院議員。

ありましたありました。。

秘書にハイハイしてお風呂に誘ったりして文春砲を食らわされた議員さんですね。

それで、この記事を読んだとき、正直僕は青山議員を辞職に追い込もうが追い込むまいがどっちでもいいんですけど、ただ、それについて「セクハラしたんやったら、やっぱり議員を辞めてもらわないかん」と集まった署名を前に、「和解しとるみたいやし、党としてそれはもうええねん」とかましたその1週間後、「#Me Tooのプラカード作ってん。ええやろ?アンタにもやるわ」なんてことをやっているのを想像すると、不謹慎ながら笑いがこみ上げてきてしまうんですよね。

こういうのって好きか嫌いかでいったら僕の場合、不思議と結構好きになってしまうんですが、投票につながる好きでないのが残念です。それでは。。

コメント